月別アーカイブ: 2014年4月

手打ちラーメン&手打ちスパゲティ

白崎裕子さんの「にっぽんの麺と太陽のごはん」にはまって、手打ちうどんのおいしさに目覚め、

次は同書に載っていたラーメンとスパゲティを。

いずれも包丁で切ってるので、太めですが、手作りのご愛敬ということで。

地粉で作るのですが、スパゲティには全粒粉が入っています。

こねるのはそう大変ではないのですが、一晩おいた上、切って1本ずつのばす!

ハンガーにかけて干す。

できあがりは相当不格好。。。というかうどんにしか見えませんが、気にせず載せます。

もう鍋にこびりついた一片のパスタも無駄にできません~。

ケチャップと野菜(なす、ピーマン、たまねぎ)だけの味付けなんですが、十分おいしくて感動でした。

IMG_7787 IMG_7789 IMG_7894

 


手打ちうどんに挑戦

この間買った、白崎裕子さんというオーガニック料理研究家の「にっぽんの麺と太陽のごはん」という本を見て、「即打ちうどん」を作ってみました。

岩手の地粉、酢、自然塩、ぬるま湯だけで作ります。

比較的簡単な工程で小一時間ほどでできました。

子どもたちもこねたり、切ったり活躍です☆

太さはちょっとまちまちですがー。

おいしい醤油とごま油とねぎとのりだけで、大変おいしくいただきました☆

これはほんとうにおいしいです!!!

食べるときは、わんこそば状態で、おかわりを目指して緊迫感の漂う夕食でした~。IMG_7765


カレー

最近、白崎裕子さんの本を何冊か読みました。

オーガニック料理の研究家です。

その中からきょうはカレールウ。

IMG_7749あんまりおいしそうに見えませんが;;

カレーの味がなかなか決まらない私です。

小麦粉やタマネギを炒めてスパイスを混ぜ、ケチャップやしょうゆや・・・というパターンのカレーをよく作っていましたが、これは子どもに不評。

辛い辛くないという問題ではなく、カレーのタイプの好みのようです。

牛脂などいろいろ入っているので避けていた市販のカレールウを買ったら、たまたま体調が悪かったのか、不覚にも私が胃けいれん;;

そんなわけで辿り着いたのがこのカレールウ2種類です。

これは油や地粉、にんにく・しょうが、トマトペーストなどで作ったものですが、とても私好みにできました。

私はカレーってやっぱり動物性の出汁がないとおいしくないんじゃないかとずっと思っていました。

肉は使わないにしても、あさりとかエビとか。

でもおいしいルウを作れば野菜だけ、それも野菜の種類がそう多くなくてもおいしいというのが発見です。

出汁は昆布だけでした。

今回は白崎さんの本に載っていた昭和のおばあちゃん風のカレーということで、里芋などの根菜や油揚げを入れたカレーにしました。

子どもには大好評で嬉しかったのですが、主人は全く好みではなかったよう。

そもそも辛くなくてカレーじゃないという言。

これにスパイスを加えればいいのか、またカレーの味の追求は続きます。


いちごサンド

いちごサンド、私はそう好きでなかった記憶がありますが、いちご大好きの子どもたちは好きです。

本当は生クリームに砂糖、ちょっとマヨネーズを隠し味にして作るんでしょうか。

クックパッドでとてもワザありなヘルシーアレンジを見かけたので、それをさらにアレンジして。

水切りヨーグルトとはちみつとココナッツミルクパウダーを生クリーム代わりに使いました。

ココナッツミルクパウダーは少しだけ入れます。

ココナッツミルクは缶やパックに入っていて、開封すると急いで使いたいものですが、パウダーならその点気楽です。ただしpH調整剤などは入っているようですが。

そんなわけで自分で焼いたパンに挟みました。

IMG_7737


お弁当。大豆ウインナー。

幼稚園の春休みの預かり制度を時々利用しています。

持たせたお弁当。

IMG_7745ナポリタンに入っているウインナーは、大豆ウインナーです。たまたま自然食品のお店に行ったので買いました。

この手のもの(大豆肉関係)、主人が好きでないのでほとんど買いませんが、幼稚園の給食に度々出てくるウインナーが子どもは大好き。

試しに缶入りの大豆ウインナーを買ったら、おいしいと喜ぶのでたまに買っています。

そのままだと少し豆の臭いがしますが、加熱すると気になりません。