月別アーカイブ: 2013年10月

お手伝いの進化

子供たちのお手伝いが進化しています。

まず皿洗いは、重いものを除き、全部息子に任せられるようになりました。

最初は(EM石けんで洗っているのですが)、泡や汚れが残っていたり、水をじゃーじゃーと流しっぱなしだったり、やってもらうのを見ている方がなかなか辛い状況でした。

子供が慣れてからは、見ないことにして、洗濯物を畳んだり、掃除をしたり、別のことをしているようにしました。

だいたい、息子は心得てきたようで、上半身がほとんどずぶ濡れにはなりますが、きれいに洗ってくれています。

 

先日母親教室で巻き寿司を作ったときには息子は幼稚園でしたので、「作りたかったーーーー」と延々言っていました。

少し材料が残っていたこともあって、翌日の夕飯にまた巻き寿司を作りました。

子供二人の張り切りようと言ったら。。。本当に筆舌尽くしがたいものがあります。

えいっと巻くときと、最後に形を整えるとき、ちょっと手を貸しましたが、かなり上等な出来。

IMG_6619手前一列が息子の巻いたものです。

あらゆることで私を追い抜いていくのも、すぐ、かもしれません。


母親教室で巻き寿司

きょうは自宅で母親教室でした。

肉食を避けた方がよい理由について、講師の先生からお話していただき、その後、巻き寿司を作りました。

わが家も含め、二人の2歳児さんが、とてもたのしそうに巻いてくれました。

私は巻き寿司がどうしても上手にできず、緩すぎたり、具が真ん中に来なかったりと、初歩的なところで悩んでいました。

それに酢飯も、本を見て作っても、なんだかしっくり来ない。

そんなとき、生長の家の信徒である、お料理上手な方に、お手製の巻き寿司をいただき、ぜひ教えていただきたい☆と本日、ゲスト・・・というより全面的に助っ人をお願いしました。

有り難いことに、下ごしらえまでほぼしてくださいまして。。。

気になっていた酢飯の配分も教えていただきました。米1合につき、酢は20CC、砂糖は大さじ1、塩は小さじ1強ということでした。私のはどうやら酢が多すぎたようです。これは私のとても好みの酢飯です。具はカニかま、きゅうり、しいたけ、かんぴょう、卵焼きでした。卵焼きは塩とはちみつで味をつけたものだそうです。

IMG_6608私はお吸い物ときゅうりの粕漬けを作り、柿を切っただけでした。

子供たちもとても喜んでいただきました。


登山デビュー

朝、あまりにも秋らしい空に山に登りたくなり、主人と子供を誘って新発田市にある臼が森(うすがもり)山に登りました。

標高は235メートル。前に知らない方のブログで詳細に報告されていて、気にとめていました。

林道の脇に車をとめさせてもらってピストン。急登を片道30分ほどです。

2歳と4歳の山登りデビューです。

先日、新聞で、幼児の山登りデビューは4歳ぐらいから、というような主旨の記事を見かけ、そろそろ山もいいかな、と思っていました。下の子は2歳なので、下りは抱っこして下りなければいけないだろうとは見込んでいましたが、一応、学生時代は登山系の部活。この距離なら大丈夫だろうということで。

予想通り、体を動かすこと大好きな2歳の娘は、がしがしと登り、自力で登り切りました。

「コンナトコロガアルンダネー」と感激した様子の娘。息子がいろいろ質問してくるので、自然の中にお邪魔しているんだよ、だからいろんな生き物が山にはいるよ、という話をしながら登りました。

最終盤で、娘は抱っこ~と言っていましたが、ほら、もう上が見えてきたよ、と言うと、オッ!?オッ!?と言いながら力を振り絞っていました。

視界に空だけが見える頂上間際、そしてこの登り切る喜びを経験してほしかったのです。

さすがに下りは難しかったので、段差を娘を抱っこして下ろしていきました。息子は思ったより安定感があり、主人に手助けされつつも、自力で危なげなく下りていました。

 

頂上から日本海まで見えました。天気がいいと佐渡も見えるそうです。

稲刈りのあとの田園。森。向こうは海

IMG_6506

帰りにふもとの直売所に寄ったら、機械を借りてきておかあさんたちが焼き芋中~。いっぱいたべていきなぁ~と言われて、ほくほくお芋をいただいて帰りました。

寝る前に子供たちにいつものように、今日楽しかったことを尋ねると、二人とも何度も何度も「おやまのぼり!」と言っていました。


新潟北越教区講習会☆バス参加の所感☆ライフスタイルを変えていくために

きょうは生長の家の新潟北越教区講習会でした。

講習会というのは、生長の家の教義を一通り学べる場で、総裁谷口雅宣先生、白鳩会総裁谷口純子先生による講話を聴くことができます。

二年に一度の開催。今年は新潟市の新潟県民会館が会場でした。

ところで今日10月13日は、会場の県民会館のすぐお隣で、新潟シティマラソンが開かれる日でもありました。

国の重要文化財「萬代橋」を通り、信濃川や日本海を見ながら走るという人気の大会でもあります。

交通規制があることはもちろん、参加者や関係者の車で、周辺の駐車場が朝からいっぱいになる見込み。

というので、講習会の参加者には極力自家用車を使わず、専用バスやJRを使うようお願いしてきました。

そこから徒歩で15-20分くらいでしょうか、新潟教化部の近くに駐車場を確保し、自家用車で参加せざるをえない方にはそちらに停めていただくようお願いしました。そこと近くの白山駅と会場との間には、15分おきにシャトルバスが走っていました。

 

新潟はどちらかというと、車を一人一台持っているような地域ですから、それだったら不便だから行かない・・・という反応も私は予想していましたが、少なくとも私がお声がけした方々や見聞きした身近な方は、快く、「ではJRで行きます」とか「バスを使います」と言って下さいました。もちろん、専用バスの走らない地域に住み、電車では乗り継ぎが多く、高齢で心許ない・・・などといった事情で見送った方もおられたかもしれません。

わが家も、子供が小さいので普段は荷物もたくさん乗り、すぐに眠れる、休めるということで、移動は車中心です。

前回の講習会も迷わず車で、少し離れた地域のお年寄りをお連れしました。

 

ですが、今回は、私は運営の係の仕事があったので先にほかの方の車に乗り合って会場へ行き(送ってくださった方は駐車されずにほかへ)、主人が子供たちを連れて、専用バスで来てくれることになりました。

子供の荷物はずいぶん少なくてすむようになったとはいえ、4歳と2歳。

着がえやおやつなども入れると、大きな袋はパンパンでした。子供は早起きで眠く、バスで小競り合いもしていたそうです。引率してきてくれた夫に感謝です。

15時までの講習会の間、親子室で過ごして、今度は私も一緒に専用バスで帰ってきました。

 

専用バスはいろいろな地域に走っているので、帰りのバスに乗るまで待ち時間もありました。荷物もかなり抑制しました。ここのところ冷え込んできたので、外で待つのは少し寒く感じました。それでも、子供、特に息子は、いろいろなバスがロータリーに入ってくるのを、とても楽しんで興味深く見ていました。娘もたのしかったねーと言って寝ました。

私が一緒に乗ったのは片道だけですが、思ったより不便を感じなかったというのが率直な感想です。

 

何が言いたいかというと。

このバス利用ということは、生長の家講習会というひとつの行事にとどまらず、持続可能な社会のためのライフスタイルを考える上でよいきっかけになりました。

「自家用車は使えない」という条件にでもならないと、なかなか公共交通機関を使おうとはならないからです。

生長の家では温暖化抑制のため、低炭素な生活を呼びかけています。それは時代の要請でもあります。

ちょっと自家用車をやめて公共交通機関やそれに類するものを使ってみると、意外とできる。

子供がバスを楽しんでくれる、運転しないので体が楽など、よい点にも目を向けられる。

そんな感想を持ちました。

低炭素のライフスタイルに変えていくということは、単に我慢することではなく、別のやり方を試してみて、そこに喜びを見出すことだと思いました。

講習会の中身も雰囲気も素晴らしかったのですが、今回はバスに乗って参加したことが、とても楽しく、大きな収穫でした。


お弁当&南蛮エビ

IMG_6446きょうの幼稚園のお弁当です。

夕飯の買い物に行ったら、新潟産の南蛮エビがお安くなっていました。

新潟では、禁漁期はあるものの、通年手に入るそうですが、やはり旬は冬。

暑い日が続きますが、季節は確実に変化しているのでしょうか。

 

IMG_6448私が行くお店は比較的安く、写真の1.5倍くらいで、150円でした。

お刺身か唐揚げが一般的のように思っていましたが、お料理上手な方にちらし寿司をいただいておいしかったので、きょうはこんな感じで。

IMG_6450イクラは先日漬けたものを少し。

ちょっと贅沢な感じですが、これが子供の夕飯。

子供たちはエビが大好きですが、養殖ものは環境破壊によりつながっていることが多いというわけで、普段は天然エビを買って大事に食べています。

それも海外ものなので、フードマイレージの問題はクリアされないわけですが。

地物の南蛮エビ。小さいけれど、思い切り新潟の味を子供にも味わってほしいと思います。


きょうのお弁当

IMG_6407きょうは幼稚園のお弁当持参日です。娘も登園日です。

息子は急性結膜炎で欠席ですが、家でお昼に食べる分をお弁当にしました。

私と夫のお弁当も。

娘が麺好きなので、きょうはナポリタンがメーンのようなお弁当です。

ほかにちくわ焼き、揚げないコロッケ、にんじんのグラッセ、おとなは茹でた小松菜。夫のおにぎりは焼きおにぎり、私は玄米おにぎりでした。

 

ところできょうは結婚記念日だと夫の指摘で気付きました。

ありがとうございます。

幸せな5年間に感謝…すべて夫あってのこの幸せです。

某ケーキ屋さんのポイントがたまっていたので、それでケーキを買ってきて家族でいただきました。

息子が「けんこうしんだん」と「けっこんきねんび」を混同しているのが、面白かったです。