日別アーカイブ: 2013年1月15日

レッスンバッグを作る

春から幼稚園で使う予定の、いわゆるレッスンバッグを作ってみました。

大型店の手芸用品売り場へ行ったところ、予想はしていましたが、幼稚園で指定しているサイズの既製品がたくさん並んでいました。

「これでいいじゃないの」と主人。

色もデザインも豊富でこういうニーズの高さを痛感しましたが、いやいや、頑張って作ります。

私はとにかく手芸関係が苦手で、学期ごとに技術・家庭科を選ぶことができた中学3年のときには迷わず、すべて技術を選択。

中学、高校を通じ、結局歯が立たなくて、裁縫の得意な親戚や知人にすがり、自分で完成させた家庭科(手芸もの)の課題って一つもなかったような。

 

子供のころから祖母や母の足踏みミシンには親しんでいたのですが

糸がからむ

下糸を巻く途中でまた糸がからむ

頭をかきむしる

ミシン針が折れて投げ出す

・・・という過程を何度経たことか~。

ものごとを一つ一つ几帳面にやらず、強引に押し進む性格も一因だと、痛感させられたものです。

でも入園準備はがんばるぞ!と言うことで、さしあたり、いわゆるレッスンバッグを作ってみることにしたのでした。

 

幸い、今はネットで作り方の説明を見ることができ、youtubeに詳しくUPしてくださっている方もたくさん。

ネットにUPしてくださっている方っていうのは、裁縫の得意な方が多く、その方々にすると当然と思われて省略されているプロセスがたくさんあるようにも思いますが。。。

比較的わかりやすそうなサイトを選び、裏地あり、デニムの切り替え生地つきのものにチャレンジしました。

途中から作り方を読んでもわからなくなって、結局自己流にしてしまった部分も実はあります。。。

でも何とか見られるものに!!

 

 

 

私の家庭科の作品のひどさにいつも絶句していた実家の母がこれを見たら、泣きますね☆

息子は服飾関係のデザインにきびしく、意に沿わないと使ってくれない可能性があるので、まず娘のです。

何かアップリケでもつけよう!とわくわくしています。

もっとも主人は丁寧に縫い目を点検し「これ破れそうだけど大丈夫?」と言っています。

ええ、確かに糸の始末が不安なところも何カ所か。

もう少し見直しますが、やればできる!と大きな自信になりました☆