日別アーカイブ: 2012年12月5日

新しい挑戦

書きたいことはたくさんあるのですが、更新が追いついていません。

 

ひょんなことから参加している短歌の会の歌誌の編集をお手伝いさせていただくようになりました。

発行は二ヶ月に一度で、校正と版下作りです。

短歌は表現のチャンネルを増やしたくて始めたことで、短歌会も一人でやるよりはうまくなるだろうからと軽く考えていただけなので、

こんな関わり方をすることになろうとは思っていませんでした。

 

以前勤めていた新聞社では、希望の有無にかかわらず、すべての記者に内勤業務である整理部署を経験させるようになってきていましたが、

私は外勤を3部署まわって辞めたので、やっていません。

見出しをつけたり、組み版をする整理部門が向いているとはとても思えなかったので、自分ではラッキーと思っていました。

こんな巡り合わせで、今自分で組み版を経験することになるとは。

でも今までがすべてそうだったように、巡ってくる出来事はいずれ必ず役に立つことなのだと思っています。

 

校正は校閲部署を経験していなくてもある程度自信がありますが、組み版は初めて。

一太郎を使ってのことで、今回任されたのはかなり平易なレイアウトですが、全体の編集の流れや作業方法など覚えることはままあり。

引き受けることになってすぐに製作がめぐってきたので、怒濤のような数日を過ごしていました。

作業は子供が寝ている夜中に限られ、本業も当然あるので、パソコンの前にいる時間の密度がとても濃くなりました。

それでも新しいことへの挑戦にワクワクしています。

 

家族を最優先という原則を忘れず、できる限り、いのちいっぱい一日を駆け抜けたいと思います。

 

 

 

 


白鳩会教区大会

12月2日に、新潟市内の東映ホテルで、生長の家新潟北越教区の白鳩会教区大会が開かれました。

女性を対象に、講演と生長の家の活動紹介などが行われる会で、2年に1度の開催です。

私も生長の家組織の紹介の時間に、発表をさせていただきました。

信仰は年配の人だけのものではなく

悩みや問題を抱えているときだけのものでもなく

当たり前の、普通の暮らしの日々の喜びを大きくしてくれるもの、

そんな思いを込めました。

 

主人のお昼に作っておいたお弁当。

おかずは和食です。

ピラフを多めに炊いておいて、残りは夕飯に。

近隣の年配の参加者の方々をお送りして帰りは18時近かったので、カレーも用意しておきました。

 

家に帰ると、主人がケーキを買ってくれていました。

無限感謝を深めた一日でした。