日別アーカイブ: 2012年10月18日

日々護られて

朝、食事のプレートに突進していた娘が、んぐ、んぐっと何かのどに詰まらせました。

昨晩の残りのヤナギカレイをほぐして出したのですが、骨が細いので混じっていたのかー。娘は吐き出そうとのどをしきりに動かしながら、ぎゃんぎゃんと泣き始めました。

ひえーと思い、指を突っ込んで吐かせようとしました。

主人はまだ起きておらず、となりでお茶をずずずーとすすりながら、「おちゃのませたら~」と冷静な息子。

あなたは本当に3歳か!と妙なことに感心しつつも、一方の娘はまだまだ泣いています。

お茶は娘が首を振って拒むので、もう一度指を突っ込んだら、でっかい骨と若干の血が混じった唾液が出てきました。

ひえーご先祖さまありがとうございます~、こんなの見落としててごめんよーと平謝り。

娘はまだ泣いていましたが、味噌汁(←大好物)を勧めると「おいちー❤」と言ってにこにこと飲み干し、調子に乗っておかわりを催促していました。結局3杯飲みました。

 

きょうは実家の祖父の命日でした。

認知症で入院中に、誤飲がもとになって亡くなったと聞いています。

日々護られていることを感じます。


ロールパン

一昨日、ロールパンを焼きました。

時々行くパン屋さんのロールパンが、主人はお気に入りで、時々買ってきていたのですが

「最近塩が増えた気がする」と言います。

私はあまり食べないのでよくわかりませんが、確かに塩分が増えて、固さが増したかも。

マニュアルが変わったか、作る人が変わったか、でしょうか。

せっかくおいしかったのになぁ、と落胆しているので、自分で焼いてみました。

パンは愛用しているレシピがあって、普段はそればかりですが、今回は調べて作りました。

手ごねのレシピで、子供と一緒にこねましたが、子供の手が温かすぎたのか、急に生地がだれてきたので、ホームベーカリーのこね機能で仕上げました。

どうも私が成型すると、丸っこくなってしまいます(汗)。

 

 

 

 

強力粉だけのタイプだったので、時間を置くと固くなってしまいました(また汗)。

夜中にあたためて主人に出すと、残っていた3つを一気に全部食べてしまってなくなりました。

しかし翌朝一番に、深刻そうな顔で「腹が減った。。。」と言われました。

仕事で大変なことはあっても、おなかが空いて、しっかり食べられるということは、幸せなことです。


ヤナギカレイ

昨日、歩いて出かけた帰りに、通りの向こうから義母が私に手を振っていました。

「ちょっと相談があるんだけど」と叫んでいます。

「なんですかー!」と叫び返したら

「ここじゃいえないわよ」と声をひそめて、「まあちょっと入りなさいよ」と言います。

(私の家ですけどね・笑)

「ヤナギカレイを買ったんだけど、多すぎるの。もらってもらえないかしら?」

「いえ、みんな大好きなんで喜んでいただきますけど。それだけですか?」

「それだけよ。よかったわーー!献立が決まってなくて!」と心底うれしそう。

近くのスーパーでは、この時期、ヤナギカレイは12-13匹ほどが1パックに入って売られています。

これで今は(この安売りスーパーで、ですが)コイン2つでお釣りがくるほど。

確かに70代の2人には多い量かもしれません。

 

私はこのヤナギカレイを新潟に来て初めて知りました。

ネットで検索してみると、ほかの地域でも揚がることは揚がるようですが、新潟県水産課のHPによると新潟市から村上市の沖合が好漁場だそう。

一時は年間の水揚げが10トン程度まで落ち込んだものの、今は年間100トン以上まで回復したそうです。

 

干物がよく知られているようですが、主人の実家ではもっぱらから揚げ。

義母は塩と片栗粉だけをまぶして揚げます。

「柳」という名の通り、身は細いので、主人は一人で3匹ほどあっという間に食べてしまいます。

くせのない白身なので、子供たちも大好きです。

以前、鯛を食べた翌日にヤナギカレイを食べると、鯛が生臭くさえ感じられるほどでした。

 

実はこの前夜も我が家はヤナギカレイのから揚げでした。

主人が仕事で2晩徹夜の1日目だったので、応援メニューという意味合いで。

期せずして徹夜2日目もヤナギがやってきて、主人は大喜びでした。

あわてて撮った写真ですみませんーー。