日別アーカイブ: 2012年1月15日

山もち

山もちというと、妙高の炭焼き小屋に由来するもので、ごはんをつぶし、くるみみそを塗ってまた焼いて・・というものだと認識していました。

「にいがたのおかず」に、それとは別に村上・朝日地域の「山もち」として別の料理が出ていたので作ってみました。

ごはんをつぶして丸めた山もちは冷水につけておきます。

汁は簡単にいうと、きのこのたっぷり入った味噌汁のような感じです。

山もちに汁をかけて、いくらを乗せ、くるみのすり流しをかける、といった料理です。

正直なところ、味はどうかなあ、と、思いながらでしたが、思いのほか、みそ+いくらの塩気+くるみのすり流しがよい取り合わせでした。

 

新潟にはくるみの料理が多いのに、国産の和ぐるみが最近少ないのかあまり見かけない、とこの欄を含め、あちらこちらで言っていたら、知人が鬼ぐるみをくださいました。

半分に割って売っているものでした。

すり流し、というのは、枝豆やぎんなんなどいろいろな料理に使われる技法です。

今回の場合は、くるみをすりつぶして、だしでのばしています。

鬼ぐるみは、西洋のくるみに比べ、中身が細長いのか、割って取り出すと、大きな塊にはなりにくいです。貴重な脂肪分であるくるみを余すところなくいただくのに、このすり流しという技法は理にかなっているな、と作りながら思いました。

とてもこってりとしていて、この山の恵みをごちそうとして求めている動物が、自然界にもきっとたくさんいるのだろうと、想像しながらありがたくいただきました。