カテゴリー別アーカイブ: 育児

きょうのお弁当

IMG_6407きょうは幼稚園のお弁当持参日です。娘も登園日です。

息子は急性結膜炎で欠席ですが、家でお昼に食べる分をお弁当にしました。

私と夫のお弁当も。

娘が麺好きなので、きょうはナポリタンがメーンのようなお弁当です。

ほかにちくわ焼き、揚げないコロッケ、にんじんのグラッセ、おとなは茹でた小松菜。夫のおにぎりは焼きおにぎり、私は玄米おにぎりでした。

 

ところできょうは結婚記念日だと夫の指摘で気付きました。

ありがとうございます。

幸せな5年間に感謝…すべて夫あってのこの幸せです。

某ケーキ屋さんのポイントがたまっていたので、それでケーキを買ってきて家族でいただきました。

息子が「けんこうしんだん」と「けっこんきねんび」を混同しているのが、面白かったです。


りんごケーキ

りんごが出回り始める季節になりました。

今年もりんごケーキ。

IMG_6396シナモン、ナツメグ、レーズン以上お好みの量、りんご1個、黒砂糖大さじ5杯。

コーンスターチ30グラム、ベーキングパウダー小さじ2、塩ひとつまみ、薄力粉130グラム、砂糖40グラム→ホットケーキミックスで代用可。

豆乳150CC。

しばらくなたね油を入れていたんですが、やはり膨らみが今ひとつで、今回は久しぶりにバター40グラムです。

 

鮭子が出回り始めたので、すこーしだけ買っていくらの醤油漬けを作りました。

何度も指摘してるんですが、きょうもいくらを「おくら」と呼ぶ子供たちでした。

 

 


遠足のお弁当

IMG_6387先日は、幼稚園の遠足でした。

子供の好きなエビフライ(天然えび)あり。

冷凍しておいた自家製トマトソースを使ったパスタあり。

久しぶりにのりパンチの顔もつけました。

おいしかったよー

全部たべたよー

と帰ってきて嬉しかったです。

 


「白鳩」「日時計24」、きょうのお弁当。

今月の「白鳩」「日時計24」の両誌に記事を書かせて頂いています。

IMG_6369取材でお世話になったみなさま、ありがとうございます。

自分が発する言葉が、多くの人の幸せにつながりますように。

常にそういう祈りがあります。

さて、きょうは幼稚園は運動会の振り替え休日でしたが、預かりをお願いしました。

これとは全く別の地元のお仕事で、郊外へ行っていました。

というわけで、子供に持たせたお弁当。

IMG_6363夏の終わりに、いただきものが重なりに重なって、茹でて冷凍しておいた枝豆は、これで最後です。

お弁当の「色」に大助かりでした。

黄色はサツマイモ。蒸したあとで軽く焼きました。

焼き鮭。焼きちくわ。息子は卵焼き。

おにぎりは塩とゆかりの二種類です。

仕事に夕方までかかって帰ってきたら、一足先に主人の迎えで子供たちは帰宅して、おやつをもらっていました。

二人そろって、きょう描いた絵を持ってくるわ、あった出来事を話すわ、寝る前までは大騒ぎでした。

夕飯は朝のうちに仕込んでおいたカレー。保温鍋が活躍する季節です。

 

子供たちに、夜寝る前、きょうあったいいことなーに?と聞くと、とても喜んで答えます。

息子は、「おつきさまがきれい、ようちえんいった、んーっと、あーちゃん(妹)がいる、ママがおしごとしてがんばった」などと泣かせることを言い、結局、11個きょうよかったことを挙げました。

娘は「プリキュアとキティちゃん好き」と言っていましたが、これはきょう塗り絵でプリキュアとキティちゃんに色を塗ったことが判明。

そんな話をしながら、いつしか眠りに落ちていました。

 


神様とともに

朝食後、早々に庭の草取り。

雨のおかげでぐんぐん生長中です。

夏の盛りを過ぎて、いささか元気がないものの、蚊がたくさん飛んでいて、瞬く間に刺されまくりました。

娘が、むしさんがたくさんいる!と言って、手をぶんぶん振り回すので、「ほかのおいしいもの食べてねー、って言ったら刺さないよ」と言ったら、

「ほかのおいしいもの たべてね。」と言って

「これはどう?」

「これはどう?」

と、草や木や石を拾っては、蚊に向かって掲げていました。

ランニングシャツにショートパンツだったのに、娘は全然刺されませんでした。

庭もすっきりして、楽しくて、なんか、めちゃくちゃいい日だ!という思いがこみ上げてきました。

 

室内に戻ってからは、息子が巨大な段ボール箱の中に立って入り、娘に、「これを動かしてごらん。いつもかみさまと一緒にいるんだから、絶対できるよ」と言っていました。(自分が中に入ってそれって・・・^^)

かーみーのちーからは~♪

と聞いたことのない歌詞を何度も歌っていました。

幼稚園で習った賛美歌でしょうか。その後、娘を中に入れて、ほら!できるよ!と言って、自分が段ボール箱を動かしていました。

寝る前には「ぼくはかみさまのこどもだからなんでもできるよ!」と言っていました。

こどもを見ていると、何でも素直に受け止めることの大切さを思います。


そんな認識が!

朝食のとき、息子が仏壇と神棚の違いを聞いてきました。

ご先祖さまというのは、じじやばばのパパやママやそのまたパパやママや。。。いつもなおさんを守ってくれてるんですよ、というと、

「ぼくもあかりちゃん(妹)を守ってるよ!」と真剣に言うではありませんか。

そうだったのか!4歳の自覚を見ました。

 

という会話を一切無視してごはんに集中していた娘は、「かみさま~♪どうしてそんなにあたまがいいの?」と言いました。

へー!それも恐れ入る認識。

続けて娘は「かみさま、おねがい♪」と目を閉じました。

何をお願いしたの?と聞くと

「おやつ☆」とにっこり。

きょうも面白いね!

 

神様はどこにいるの?神様は何人なの?など、最近は神様についての質問が多いわが家です。

 

夕方、たまたま新聞屋さんやご近所さんにいただいたご挨拶用のタオル2本が、仏壇に上がっているのを見ました。

聞けば、息子と娘がそれぞれお供えしたとのこと。

お菓子や果物をいただくと、そうしますものね。

背伸びしてやっとこお供えしたタオル二本に、とてもあたたかな気持ちになりました。


息子の疑問

一昨日、テレビでサメが小さな魚を食べる様子を見た息子が、「大きい魚が小さい魚を食べることを神様はゆるしているの?」と聞きました。

うーむ、難しい質問。「現象に殺し合いと生かし合いの姿見ゆる時、神の創造の全相見ゆと想うべからず」(大自然讃歌)とありますが、なんと説明いたしましょう。

姉にメールで聞きました。

生長の家の「實相金剛神の神示」を引いて、説明してくれました。

「實相世界は一つに神に創造(つく)られ一つの神の叡智によって支配せられているから、秩序整然たる相(すがた)である(中略)其処には山もあれば川もあり、植物もあれば、動物もある。獅子も羊もあるが皆仲良く相戯(あいたわむ)れている。一切の人間、動物、諸霊悉く調和して相食むものはない(中略)實相世界が現象世界に迷いなく映れば(中略)現実世界にも獅子と羊が相戯れ、蚊も蚤も人をささず、幽界、霊界の諸霊悉く相和して調和し其の処を得る(略)」(日本教文社「秘められたる神示」より)

実相世界という、言葉で説明できないくらい素晴らしい世界というものがある。

そこでは山も川もあり、植物も動物もあり、獅子も羊も仲良く遊んでいる。

あなたは車さんもおもちゃもお魚さんも猫さんもみんななかよしと思っているよね。

でも獅子(ライオン)は羊を見つけたら追いかけていって食べちゃうって思っている人が多い。

人間の多くが、そんなものだ、強いものが弱いものを食べるのだ、という思いを心に抱いているから、

その心に思う通りの世界があらわれてくるのですよ。

実相世界という、人間も犬さんもお猿さんもお花さんもみんなが仲良くしている本当の世界がある。

あるんだけれども、目に見える世界は人の心が作る世界なんだ。

だから世界の人たちがみんな(だれ一人残らず全員)大調和の心になったら、あなたのように、世界中の人やどうぶつやしょくぶつがなかよしなかよしって思ったら、大きなお魚さんも小さなお魚さんにも生かし合いの姿が現れるんですよ。

 

姉の説明は要約すると、このような形でした。

息子は寝てしまったので、明日、この話をしようと思っています。


息子、4歳の誕生日

息子がきょうで4歳になりました。

早いものです。

 

午後、義父母の家に行って、ケーキでお祝い。

ハッピーバースデーの歌を歌い終えた瞬間、ろうそくを吹き消そうとした息子より一瞬早く、火に突っ込まんばかりに顔を近づけて消そうとする娘。。。熱いですよ。。。

そこにいるだけで、たくさんのものを与え続けてくれる子どもたちに感謝です。

夕飯は絶品義父のチャーハン。

具から水分が出ないように別の鍋であらかじめ炒め、ごはんをぱらりとさせるために、中華鍋を熱々にした上、ごはんに直接オリーブオイルを少し垂らしているもようです。

今回もおいしかったー。

たくさんの愛に感謝です。

布団の中で、息子は唐突に「神様、いつも大事にしてくれてありがとうございます。ありがとうございます」と言い、すぐ寝てしまいました。


手作りマスク&ラップタオル

子どもの頃、プールの時間に、ラップタオルを持ってきている子は、ごくごく少なかったように思います。

後になってから、学校で注文をとりまとめる物品の中に、水着などに混じって登場していましたが、腰にラップタオルを巻いて着がえる子を、なんかすごい~と思っていました。

今は一般的になり、水着用品売り場には、キャラクターもののラップタオルがあふれています。

息子の幼稚園も、年が上の方になると常にラップタオル持参になるということでした。

息子はまだ年少ですが、行事があるのでラップタオルを持ってきて下さい~とおたよりに書いてあったのを思いだしました。

買うつもりだったのですが、よくよく考えると。スナップボタンをつけて、ゴムを入れるだけ。

これならできるのでは?と思い、タオルも薄手のお安いものとスナップ、強力ゴムを買ってきました。

タオルはピンク色のがあったのですが、息子がまた難色を示すのが目に見えたので、ブルーのを買ってきました。

 

いつもはいかないショッピングセンターの手芸コーナーへ行ったのですが、この店員さんがとても親切でした。

スナップは最初、もっと大きいのを考えていたのですが、息子の年を聞いて下さって、こっちの方が使いやすいでしょうと勧めていただき(当初よりお安いものでした)。

さらにタオル地を縫うので、厚地用のミシン針が必要だろうと思い込んでいたのですが、聞いてみると、11号で大丈夫でしょうということ。

タオルは案外パイルがすかすかしているので、よくよくアイロンをかければ強力な針でなくてもよいでしょうという助言で、強い針を買わずに帰ってきました。

こういう客の立場に立ったアドバイスは、本当にありがたく思い、好感が持てます。

 

バスタオルを横に置いて上を1.5センチほど折ってミシンをかけ、ゴムを通します。そして輪にした部分に4箇所のスナップをつけました。

IMG_5207写真では見えませんが、四つ葉のクローバーがワンポイントあって、いい感じ。

息子も気に入っていました。

これは薄手でやや小さめのバスタオルです。

ホテルメイドのような分厚いものは縫いにくいし乾きにくい。。とこれまた手芸コーナーの店員さんのアドバイス。

体が大きくなってきたら、またもう一回り大きなバスタオルで作り直そうと思っています。

 

 

 

 

ついでに作ったのがこちら。

IMG_5208近頃マスク作りがはやっている?のか、マスク作りの本やキットも売り場にありました。

ダブルガーゼとマスクゴムを買い、不織布を入れて使います。

マスクは、いろいろな強力な病気がはやったせいもあると思いますが、家庭でも箱で買って、使い捨てにするのが当たり前のようになってきています。

しかし、シビアな環境でなく、調理実習とか、予防という程度であれば、洗って繰り返し使ってもよいのではないでしょうか。

子どもたちもとても気に入ってくれたマスク。簡単には捨てられない感じがします。本当は、もの、ひとつひとつがこうだったのでしょうね。

 

 

 


息子のエプロン

息子の幼稚園でエプロンがいるというので、作りました。

IKEAで買った子供用の(安価で)かわいいエプロンがあり、これを持たせるつもりだったのですが、息子が難色を示しました。

色は赤で、大人の目から見ても息子にとてもよく似合っている。

でも、「赤は女の子の色」だそうで。

それでも、1年に何度もないクッキングの時間のために、わざわざ買うこともないし、これを持って行ってよ、と思っていましたが、ポスティングジョイでこんなコメントをいただきました。

子供から、そこまで強く親に要求を出してくれる時期のこと、思い出すと、胸がきゅん、となります

もうお子さんが大きくなられた男性の方からでしたが、これを読んで、そうか、要求してもらえるってこともありがたいんだ、と思った次第。

型紙は持っていたので、残っている布でエプロンと三角巾、入れる袋を作りました。

IMG_5199なんだか、家庭科の課題みたいな仕上がりですが。。

腰は両脇に固定したひもをつけました。中にはゴムが入っています。

首は面ファスナー。(いわゆるマジックテープ)

このあと、さらに息子の好きなcarsのワッペンを買ってきてつけました。

とにかく、これで何とかしのげそうです。