カテゴリー別アーカイブ: その他の野菜

買い物を減らして

今年になって、買い物を減らしています。

小さなスーパーが近いこともあって、子供の散歩がてら週5日くらいのペースで買い物に行っていましたが、3日に1回に変え、最初はあらあら食事のメニューを考えてそれに基づいて買っていました。

その日の体調や気分によって食べるものを考えたいと思っていて、前もってのメニュー決めは、あえてしないできたのですが、ほぼ決めておくことで、たとえ安くても買わないという選択がしやすくなりました。

今はがっちりメニューは決めていませんが、3日間のうち、これかこれかこれ・・・とゆるく決めておき、あとは気分で選びます。

我が家は子供も主人も全員、朝昼夜と一緒に食べるので、これまでは午前中買い物に行って、そこで食材を選んで、帰ってお昼ごはんを作り始め、おなかを空かせた子供が時に大騒ぎ・・ということもありましたが、今は前もって準備できるので、そういうことがなくなりました。

常備しておくものも、むやみに買うのではなく、この買い物のペースに合わせて決まってきました。

 

長いこと、週5-6日ペースで買い物をしていたのは、メーンが魚であることが多いという事情もありました。

我が家でお肉を食べなくなって、メーンは魚であることが多かったのですが、魚は鮮度のよいその日のうちに食べた方がよい場合が多いので、魚を買うために買い物の頻度も増えていたのです。

しかし、豆腐や豆、野菜だけというレパートリーが増えてきて、これでも十分主人が満足しているので、買い物の頻度を減らすことができるようになりました。もっともサンマやいわし、アジなどを買って、梅煮にしたり、アジは南蛮漬けにしたりして、翌日以降にいただくこともあります。

主人はジャガイモさえあれば、ほかは何もいらないという人なので、ジャガイモは常に常備。お安いときには箱で買います。

コロッケを作るときは、一気にジャガイモ12-13個分ほど作り、揚げたあとで冷凍。

コンロのオーブン機能で温めると、衣のぱりっと感が戻ります。

あるときは、オーブンで温めたあと、だし汁と自家製めんつゆで煮たたまねぎと合わせて卵とじ。

あるときは、うどんやそばのトッピング。

残念ながら、栗芋系があまり好きでない子供はコロッケを食べないのですが、かなりのお助けメニューとなっています。

ちなみに油もののついでに天かすを作って、こちらも冷凍しておきます。

麺類だけでなく、お好み焼きの中にも。

揚げ物の回数をまとめられるようになって、油の処理がずいぶん楽になりました。

 

そんなわけで買い物の回数を減らし、当然お財布の引き締めにもなり、ごみの量がまたさらに減りました。

外から何かを加える=買うのではなく、あるもので工夫する、知恵を使うーそうすると、内側からわき上がる喜びがある、そんな実感があります。


冷凍保存(トウモロコシ&トマトソース)

今年はもう終わりだと思っていたのですが、近くのスーパーでトウモロコシが安く売られていました。

実の詰まり具合もまずまずの様子だったので、4本買ってきました。

全部茹でて1本はそのまま切って食べます。

1本は息子が前日にリクエストしたとうもろこしごはん。

Eテレの子ども番組でやっていて、茹でて縦にそいだトウモロコシと塩で米を炊き込み、仕上げにバターを混ぜます。

思いがけずみずみずしいトウモロコシだったので、甘味と塩気がちょうどよく感じられました。

バターはなくてもよいかも、と思いました。

 

そして残りの2本は冷凍です。

縦にそいでバラバラにし、水気を拭き取ってから、ビニル袋に入れ、空気を抜かずに(むしろふくらませ気味に)閉じます。

そのまま一度冷凍し、固まってから、もし塊になっていればほぐして容器なりなんなりに移して冷凍します。

以前に教わったやり方ですが、これだとバラバラになってチャーハンなどにも使いやすいです。

 

スーパーの帰りに、待ち望んでいた農家の方がトラックでトマトを売っていました。

残念ながら盛りをすぎてハウス栽培になってしまっていましたが、多めに買って帰り、トマトソースを作りました。

にんにくと塩、ローリエと煮て、ブレンダーで潰すだけのものです。

こちらは瓶で冷凍庫へ。

沸騰したお湯で真空状態を作って常温で保存するやり方でも1年近くもつそうなのですが、勇気がなくてなかなか挑戦できません。

 

だいたい冷凍で、トマトソースもトウモロコシも2か月をめどに食べきるとよいと言われます。

トマト缶やコーン缶は頻繁に買っていましたが、コーンはともかくトマト缶はまずイタリア産。

安くて使い勝手もよいのですが、フードマイレージの観点から使わないことにしようと決めてしばらく買っていません。

コーンの方は国産もあるので買うことはありますが、一回に必要な量がわずかであることも多く、安心な「自分で冷凍」にしてみました。

トマトの方は前出の農家の方は12月までハウス栽培をされているので、どうしても必要な時は買うことができますが、夏だけ食べるものと割り切りたいな、と思っています。

缶詰を買った場合の「缶のごみ」もなく、満足しています。

 

 


手づくりケチャップ

近くのミニスーパーで、地場のトマトがお安くなってまいりました。

手頃な量が手頃な価格で売られていたので、買ってきてトマトケチャップを作りました。

 

以前にいた会社で、農家の人たちがトマトケチャップを手作りするイベントに関わり、ケチャップって作れるんだ!と驚いたことをよく覚えています。

去年、生長の家のSNS「ポスティングジョイ」でも、お料理の神様みたいな方がレシピをUPされていて、長いこと、ランキングの上位にも入っていました。

 

基本的な作り方は

①にんにくにトマトと玉ねぎと砂糖に塩、こしょうハーブ・スパイス類などを入れて煮る

②ミキサーにかける

③鍋に戻して酢を混ぜてもう一度煮る

というものです。

①でトマトの皮を湯むきをするかしないか(当然湯むきした方が舌ざわりはよいです)

スパイスはどれくらい入れるかーローリエは外せません。ほかにバジル、オレガノ、クローブ、シナモン、ナツメグなどが選択に入りますが、あまりいろいろな種類を入れない方が、トマトそのものの味わいが深まるような気がしていますー

ほかの野菜(にんじんなど)も入れるか、などがお好みとなってきます。

今回は中くらいより少し小さ目のトマトを8-9個に対し、砂糖を大匙5-6杯入れました。

わが家は甘目の味付けなので、これもお好みです。

 

しばらく煮込んで、3分の2~2分の1くらいの分量になったら、粗熱をとってミキサーへ。

もっと舌触りのよさを求める場合はざるでこすというのもありです。

わが家は、夫がにんにくの香りは好きであるものの、にんにくの形をしたものを食べるのを好まないので、最初に大き目に切っておいて、ここで出します。

ちなみに私は具のつぶつぶがたくさん残っている方が好きです。

 

鍋に戻して、酢を入れて、酸味が飛ばない程度に火にかけてできあがり。

りんご酢が合うような気がしますが、今回は足りなかったので、米酢を足しました。

最近はあまり作っていなかったオムライスにかけました。

贅沢なことですが、普通のケチャップはいらないかも、と思うのも毎回のことです。

たくさん作った方がおいしいに決まっていますが、我が家の冷蔵庫の温度設定が高めのせいか、あまり日持ちはしないので、ほどほどの量を作って早めに使い切るようにしています。

SDカードが不具合で、写真なしですみませんーー。

 


フキのちょっとした思い出

自宅の庭になぜかフキが自生しています。

明日こそは取って調理しよう、と思い続けて数日が過ぎたころ、近くに住む義父母がやってきて、刈り取って煮て持ってきてくれました。

フキというと、祖父のことを思います。

私の実家の祖父は、2歳の時に亡くなりました。祖父のことは何も覚えていません。

今思えば認知症だったのでしょうか、60そこそこで病院に入ることになり、亡くなりました。

今、90を超えた祖母は、会う度に私が小さいころ、祖父が徘徊しに出て行ってしまったとき、私を背負って走って追いかけた、という話をします。

子供のころはもちろんそんなことは知りませんでしたが、晩年が大変だったせいか何なのか、祖父の生前の話を聞く機会がなく、「おじいちゃんってどんな人だったのだろう」と不思議に思っていました。

祖父の人物像を私なりに感じるエピソードはふたつ、

「おしゃれで、ズボンも自分でプレスして出かけていた」

「フキが嫌いだった」

ということだけでした。

祖母と一緒に農協の倉庫に出かけたとき、たくさんのフキが出荷されている様子を見て、祖父がフキ嫌いだったという話になりました。私は小学校に入る前だったと思いますが、曇った日で、そのことをよく覚えています。

子供心に、祖父と自分との共通点を見つけた気がして、「そうか!だから私もフキが嫌いなんだ!」とうれしかった記憶があります。もっとも、フキの苦味が苦手な子供はそう珍しくないのだろうと今思いますが。

そんなわけで、フキというと、祖父なのでした。

何年かぶりに食べたフキの苦味は、子供のころと違っておいしく感じられました。

この味が苦手だった祖父って、とダンディな遺影を思い浮かべています。


大豆バーグ

きょうは何かと片づけに追われていて、お昼は大急ぎで冷凍していた酢飯を解凍し、甘目の味をつけた卵でまいた「酢飯オムライス」と称する料理を出しましたが、意外と夫に好評でした。

夜は大豆バーグを初めて作りました。

谷口純子先生の新刊本に載っている料理です。

大豆バーグというもの自体のレシピはおぼろげに頭にあったのですが、私の夫は大豆があまり好きではなく、煮物などで出す分には構わないそうですが、抵抗感がありそうなので作っていませんでした。

たぶん大豆特有の豆くささが苦手なのだろうと、今回は先生のレシピにあえて少しばかりナツメグを加えて作りました。

 

ほとんど肉食→ノーミートに移行するにあたり、ちょっとチャレンジかな、という試作品をつくる場合は、夫が間違いなく喜ぶ一品と一緒に出すようにしてきました。

挑戦したメニューばかりだと嫌気がさすこともあるのではないかと思ったからです。

自分が好きなものがあると安心して、新しい料理を試せるのではないかと思います。

なので、きょうは冷凍しておいたニラ×エビ×えのき餃子を一緒に出しました。

フライパンの扱いを失敗してバラバラ事件になってしまいましたが、夫が好きな餃子です。

 

大豆バーグの方もケチャップをかけていただき、うまかったよ!と申しておりました。

ここ最近、無精をして大豆のドライパックの缶詰を使うことが多かったのですが、やはり豆から水に漬けて煮て調理するのが一番おいしいな、とあらためて思いました。

娘が食事を待てなかったので、写真はありませんーー。

また次回UPしたいと思います。


おからのだんごっち(ひろうす、がんも風)

生長の家のSNS「ポスティングジョイ」のノーミート料理のコミュニティで、はるか以前、おから談義が盛んに行われていたときのこと。

あるメンバーさんが、「練成会(合宿形式で真理を学ぶ生長の家の集い)で、おからと長芋、生クリーム、卵白を使った料理が出てきて、もっちりとしてすごくおいしかった」とコメントをされていました。

どこの教区にも、料理の神様のような方がいらして、練成会で出てくる食事は驚異的においしいように思います。

おからと長芋、生クリーム、卵白。その方が召し上がった料理とは違うかもしれませんが、その素材をヒントに作ったのがこれです。

 

私の主人は非常におから料理に懐疑的で、どうやらあのぱさつきが苦手なようです。

私を含めてそのままでおいしく感じられる人ももちろんいますが、おからが苦手な人にクリアしてもらうには、あのぱさつきを何とかしないといけないのではーと思います。

以前作った、森のイスキアを主宰する佐藤初女さんの「いわしとおからの黄味蒸し」も、仕上げに卵の黄身を溶きまぜることでぱさつきが抑えられ、主人も抵抗がないようでした。

この料理の場合、そのぱさつきを抑えてくれるのは長芋のすりおろしです。

ただ、卵白はどのように使われていたのか、わかりません。メレンゲ風にしっかり泡立てられていたのかもしれませんが、とりあえず溶いて混ぜるだけにしています。

 

卵白1個分を溶き、長芋200グラムをすりおろします。おから150グラムを加え手でしっかり混ぜます。

具はお好みですが、もどしたひじき、にんじん、ぎんなん、筍など。

生クリームは大匙1-2杯。代わりに牛乳、液体のコーヒークリープでもよいと思います。

片栗粉を少し入れて、硬さを調節します。手できれいにまとめられます。

 

この生地はレンコン・豆腐のがんもやレンコン・ジャガイモボールに比べて、さらに扱いやすいです。

丸めて揚げて、スイートチリソースなどをかけて食べてもいいですが、揚げた後、出汁あんを煮たてて、そこに入れていただくのがおすすめです。わずかに残っているおからのぱさつきがほとんど消え去ります。

 

1歳以降、見慣れないものはほとんど食べなくなった息子が、「だんごっち」と呼んで好んで食べてくれる料理です。

おからに警戒感を持っている主人も、「軽くて食べやすい」と言って歓迎します。

写真がちょっと微妙でしたー(´_`。)

そのうち差し替えます。。。

 

 

 


にんじんのくき

故郷にいる87歳の大叔母から、荷物が届きました。

子供たちにお菓子、娘に手編みのケープ、それに自家製の野菜も入っていました。

年を重ねても変わらず元気にケーキを焼き、正月にも料理を作ってお客をもてなした旨、同封されていた手紙に書いてありました。

すべて心遣いの行き届いたものばかりでしたが、もっとも懐かしく、うれしかったのは、実はにんじんです。

私にとってにんじんとは茎がついているもので、売られている状態では茎がすでに取り去られているのを、少し残念に思うほどです。

父が自宅で育てたにんじんの茎をよくサラダやおひたしにしていました。

昔は硬くて苦いとしか思わなかったものですが、懐かしく思うのは年を重ねたせいでしょうか。

さっそく、茎をゆでて刻み、ごまとしょうゆ、砂糖とあえました。

子供たちにも、これがにんじんのお顔だよ、と茎つきのにんじんを見せました。

 


水切りヨーグルト入りポテトサラダ

週に1回、400ミリリットルのプレーンヨーグルトを1パック買います。

そのまま食後に子供たちが食べることもありますが、時々は水切りをします。

ざるにキッチンペーパーを引いて水切りするやり方もありますが、ヨーグルトのパックのふたを取ってそこにゴムでキッチンペーパーをかけ、そのまま器にひっくり返して冷蔵庫に入れておくやり方を最近知りました。

(もっともキッチンペーパーを使わず、かといって乾燥しない方法が知りたいところです)

1-2日たつと、もっちりとしてクリームチーズのようになります。

2年ほど前に訪問先で、この水切りヨーグルトにはちみつを乗せたものが出てきて、ちょっとしたデザート風でとてもおいしかったです。

先日はパンケーキに入れても正解でした。

しぼったあとの水分=ホエーは、ホットケーキに入れるととてもふんわりして驚愕します。

ほかにカレーに入れたり、そのまま甘味を加えて、ラッシー風?でいただけます。

 

で、この水切りヨーグルトをポテトサラダに入れました。

ネットで検索してみたら、メグミルクさんのHPにやはりこのようなレシピがありました。

量はあくまで適当ですがー、塩こしょう、それに酢も入れて調味すると、マヨネーズはわずかですみました。

マヨネーズが苦手な主人もOKのポテトサラダです。しっかり水切りしたので、翌朝も水っぽくなることはありませんでした。

ちなみに夏はマッシュしたポテトに、塩、オリーブオイル、ブラックペッパー、刻んだトマト、みじん切りにして塩でもんだ玉ねぎ、酢を入れて調味したポテトサラダを作ります。これだとマヨネーズは使わずさっぱりしていて、おすすめです。

トマトの旬でない時期のポテトサラダは、水切りヨーグルト入りで、しばらく定着しそうです。