カテゴリー別アーカイブ: その他の和食

初女さんの講演会

悩みや問題を抱えた人を受け入れる「森のイスキア」を青森県で主宰する福祉活動家、佐藤初女(はつめ)さんの講演会に行きました。

かねてよりお話を伺ってみたく、楽しみにしていました。

開場時刻に行ったにも関わらず満席で、廊下のモニターで視聴したのですが、おむすびの作り方の実演もあり、とても素晴らしかったです。

御歳90歳を越えられていますが、「健康で社会のために尽くしていきましょう」という結びのことばに感動しました。

この世代の方々には、日本人の生き方を教わる思いがします。

 

以下、私のノートのメモから一部。。。

▽食材のいのちをいただいて元気に生きている。 食べることが当たり前になってないか

▽おいしくなければ栄養にならない。おいしく感じることによって 生きる力が出てくる。どうすればおいしくなるか。魚や野菜がのぞむように、生かされるように、喜ぶようにする。大地に生かされていた緑が熱湯でゆであがるとき、いっそう鮮やかに輝く。これはおいしい。

▽食べたとき野菜でなくなる。いのちとして生かされる。野菜でなく生涯(自分と)一緒のいのちとなって生かされる

▽調理は生きる姿そのもの。せわしい生き方をしていればおいしくはできていない。

▽喜んで食べることによって家庭が円満になる。家庭が円満になれば社会もよくなる

▽手というものが一番味をつくる。手がおいしいかおいしくないか判断してくれる。

 

おむすびの実演では、手元をアップにしていただいて、よくわかりました。

前にご著書で読んだこともあるのですが、映像で見てみると、それだけでは分からなかったことがいくつかありました。

握る時間がものすごく少ないんですね。ものの・・・5,6秒という感覚でしょうか。

そのあとのりをつけたあとで、比較的しっかり力を込める感じがしました。

なかなか上手にならない私のおにぎりですが。。。家に帰って決意を込めて握ってみました。

よい日になりました。

IMG_7638

 

 


お雑煮

遅ればせながら今年のお雑煮を。

実家にならってスルメだったり、新潟のいろいろな味を毎年試しているお雑煮。

今年は、アゴ(トビウオ)が一尾残っていまして、それで出汁を取りました。

アゴって以前はラーメンの出汁に使ったんですが、ものすごく強烈な味で、これはどんな野菜が合うのだろうと、ちょっと躊躇しました。

ゴボウから出る出汁が好きで、それにお餅がまとわりついているのが好きなのですが、これは合わないんじゃないかと。

結局今年は具を少なくし、シンプルなお雑煮にしました。

てっぺんには秋に少しだけ漬けたイクラ。これがあると華やいで見えます。青菜は切れていなかったし、つくっておいた花にんじんは入れ忘れたお雑煮ですが、今年も実家の両親がついてくれたお餅をいただけて有り難かったです。

IMG_7314

 


おせち

IMG_7300あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

今年のおせちです。

今年はもうそんなに作らなくてもいいかな、と思っていました。

しかし縁起ものと思うと、あれを少し、これを少し・・・と量こそ少ないものの、種類は昨年以上に・・・。

それでもそんなに手をかけずに作れたように思います。

今まではやたら早くに取りかかっていたまないかやきもきしたこともありましたが、今年はほとんど30日、31日に。

黒豆・・・これは29日から煮ました。いただきものの丹波の黒豆。砂糖と若干のしょうゆを溶かしたお湯で豆をもどしてそのまま煮始めるやり方です。釘は今年も入手できないままでしたが、保温鍋でじっくり煮たのでしわもなく、つやはまずまずでした。

田作り・・・これはカタクチイワシの袋2分の1ぐらいで。くるみと。

昆布巻き・・・実はこれは初!手がかかる割にあまり人気がないだろうと勝手に思って見送っていました。しかし実はこれは試食をさせたら子どもに一番人気☆

中に鮭を入れたのも作りましたが、娘など、「さけはいらない」などとのたもうて、外側だけを分解して。。。

息子も「ひももおいしい」とかんぴょうまできれいに食べました。

酢の物・・・大根、にんじん、しらす、ゆずの簡単なもの。食べる直前に秋に漬けておいたいくらを乗せます。

かまぼこ・・・これは山口から送ってもらいました。感謝。ちょっとだけ飾りきりで。

菊花かぶ・・・というのでしょうか。小ぶりのかぶに細かい格子状の切れ目を入れて甘酢につけておいたもの。1個だけ作って重箱の花・・のつもりです。

みかんゼリー・・・何か寄せものをと思いましたが、結局市販のみかんジュースに家にあったみかんを投入。子どもが型抜きをしてくれたので、一部バラバラ事件ですが。。。

ぶり、えび・・・これら二の重のものは今まで入れていませんでした。しかし子どもも夫も魚のたぐいが好きなので、えびは3尾、ぶりは2切れのみ。えびはいつもは買いませんが有頭エビ。

酢れんこん・・・れんこんが少し余ったので。ハート型のクッキー型の根元部分だけ使って型を抜くと、花れんこんのようになります。これ楽ちんで、今年の発見でした。甘酢の残りに冷凍しておいた食用菊とともに漬けました。

煮物・・・里芋、人参は数日前に煮て冷凍しておきました。どうかな・・・と思いましたが問題なく。あとはレンコン、こんにゃく。わたしは多めの日本酒とだしで煮始めるんですが、なかなかどうして。お肉やなんかがなくてもおいしくできました。ほかは少量ですが、煮物だけはたくさん。その方がやはりおいしいようですね。

ゆで卵・・・本当は一重ぐらいのつもりが、いろいろ増えて三重に。隙間を埋めるたまにゆで卵を花切りに。

普通のゆで卵です。

 

今年も可能な範囲で、食を大事に過ごしたいと思います。

家族で食卓を囲めることに感謝しつつ。

 

 


がんばり納豆&ケーキなお寿司

きょうは夫の誕生日です。

本人の希望で、「がんばり納豆」。

どこぞの居酒屋のメニューだそうで、ひきわり納豆とおさしみをぐるぐる混ぜて食べるっていう。。

そんなに楽でいいのか?でもこれ、確かにおいしいです。

IMG_7288子どもはまだ生魚を食べさせていません。

そんなわけで、ケーキのようなお寿司を4歳と2歳に作ってもらいました。

IMG_7289酢飯には焼き鮭を混ぜ、間には煮たしいたけが入っています。

ケーキの型にラップを敷いて詰めるだけでなので、子どもにもできます。

いつもは控えめなエビですが、きょうは特別にたっぷりで。

これは本当に子どもたち、大興奮でした。

夫の両親には感謝のケーキとシャンパンをプレゼント。。。というと大層な感じですが、クリスマスラベルのシャンパンがとてもお安く売られていたので。夫両親、実を取る人なので、こういうのは全然気にしません。

一つ一つの素材には、比較的コストのかかるものを選ぶこともありますが、わが家は皿数は少ない方ではないかと思います。子ども二人がそうたくさん食べるわけではなく、残ったものを繰り返し食べるよりは・・・というわけで。

しかしたまに、義母におかずをもらったりして、テーブルにたくさんお皿が並ぶと、息子が大して食べなくても大喜びするので、やはり賑やかな食卓が嬉しいもよう。

きょうはこのほか、子ども二人が大好物のなめこ汁、ブロッコリーたっぷりのポテトサラダ、ブロッコリーのチーズ乗せ焼き(つまりブロッコリーがたくさんあったのです)。いつもは取り分けておくところ、大皿のまま出したので、賑やかに思えるらしく、子どもがえらく喜んでいました。

一家の主の誕生日は、特別なこととして、可能な範囲で盛大にやろう、と思っています。

子どもにも父親が一家の中心であることが、感じられるのではないかと思うからです。

 

 


高野豆腐の混ぜごはん

先日、木曜日に自宅で行った母親教室の際にお出ししたごはん。

IMG_7036高野豆腐、干ししいたけ、にんじんのちらし寿司というか混ぜごはん。

酢飯を作ったあと、煮含めた高野豆腐、干ししいたけ、にんじんを混ぜます。

高野豆腐はフードプロセッサーでぱらぱらにしたもの。

豆腐のおつゆ。

きゅうりの少なさをひじきで補った酢の物。

酢の物は砂糖の代わりにはちみつを使用。味がまあるくなりました。

3品とも子どもも好きなメニューです。


とろろ

生ゴミを庭の土に返している知人が、いつの間にか長芋ができた、と話していました。

根っこがついていたのでしょうかねー?見てみたいですねー、などと申しましたら、ありがたいことにお持ちくださいまして、恐縮しつついただきました。

IMG_7043 IMG_7044  早速、すり下ろしていただきました。

子どものころは、父が長芋に卵を混ぜて食卓に出していました。

ずるずるして苦手だったので、よくそれに使われていた器まで覚えています。

しかし今ではとろろ系が大好物です。

写真は玄米ごはんにかけたもの。

ご近所のおばあちゃんに以前、長芋や山芋はどうして召し上がっていますか、と聞いたら、そりゃあすり下ろして味噌汁にぶっこんですするのが一番!と言われました。

ですので、それもやりましたー。

さらに、夜にたこ焼きにも入れました。

それでも少し残っているのでまた明日の朝、とろろでいただきます。

むかごを鳥が運んできたのか?

庭で生ゴミから根付いたのか?

いずれにせよ自然の力を感じる長芋です。


お弁当&南蛮エビ

IMG_6446きょうの幼稚園のお弁当です。

夕飯の買い物に行ったら、新潟産の南蛮エビがお安くなっていました。

新潟では、禁漁期はあるものの、通年手に入るそうですが、やはり旬は冬。

暑い日が続きますが、季節は確実に変化しているのでしょうか。

 

IMG_6448私が行くお店は比較的安く、写真の1.5倍くらいで、150円でした。

お刺身か唐揚げが一般的のように思っていましたが、お料理上手な方にちらし寿司をいただいておいしかったので、きょうはこんな感じで。

IMG_6450イクラは先日漬けたものを少し。

ちょっと贅沢な感じですが、これが子供の夕飯。

子供たちはエビが大好きですが、養殖ものは環境破壊によりつながっていることが多いというわけで、普段は天然エビを買って大事に食べています。

それも海外ものなので、フードマイレージの問題はクリアされないわけですが。

地物の南蛮エビ。小さいけれど、思い切り新潟の味を子供にも味わってほしいと思います。


ヤナギカレイ

夕飯用にヤナギカレイを買いました。

以前にも書きましたが、新潟の海の幸で、から揚げは主人の大好物。子どもたちも大好きです。

近くの安売りミニスーパーでは、6-7匹がパックに入って150円~といったところ。場合によってはもっと入ってきます。

薄い魚で、可食部は比較的少ないので、子どもでも2匹分は食べてしまいます。

・・・・と、家に帰ると、義母から電話。

「ヤナギカレイを買ったんだけど、二人には少し多いからいらない~?」

ありがとうございます。いくらでも食べる人がたくさんいます。いつも1パックを2食に分けて食べますが、もっと食べたいと言われています。。。

でもでもでも。うちにあるヤナギも一緒に揚げてもらえるとうれしいのですが~?

と厚かましい申し出を義母は大笑いで受けてくれて、夕飯前にぜんまいの煮物と一緒にこんな感じで届きました。

義母に素直に甘えられるようになるまで、時間がかかりました。

それだけに、ー単に揚げ物の手間が省けたからではなくー嬉しかったのです。

IMG_6169


いただきもの

IMG_6034最近、知人にいただきました。

「お子さんに・・」ということで。

南蛮エビと思われるエビフライ、エビ入りポテトコロッケ。

四色ごはん。茶色いのはたらそぼろです。

とても美しいお料理を作られる方ですが、今回も真心いっぱいで感動しました。

おいしくいただきました。

 


山椒

先日、実家の父がタケノコと一緒に、ぬれ布巾に包み、チャック式のビニル袋に入れて山椒を送ってくれました。

実はタケノコを送ってくれると聞いたときに、催促したのです。

新潟では、サンショウは育ちにくいのか、ほとんど見かけず、お店で見たこともありません。

実家でサンショウの木のある場所には蜘蛛の巣が張っていて、近くのトイレの臭いもし、子供のころは「サンショウを採ってきて」と言われるのがとても嫌でした。

それが今では自分の中で、ふるさとの代名詞のひとつのようになっています。

木の芽和えも一度は作ったのですが、まだまだあったので、木の芽味噌を作りました。

砂糖を入れるレシピが多いようですが、酒とみりんだけ使います。

白味噌と酒とみりんをつやが出るまで火にかけて練り、冷ましたあとで、すり鉢でつぶした山椒と和えました。

この季節は新じゃがにもつけていただこうと思います。

作っている間に、台所がサンショウの香りでいっぱいになりました。

IMG_4792

 

 

 

 

 

IMG_4793