カテゴリー別アーカイブ: かぼちゃ

ベジミートでノーミートソーススパゲティ

主人が知人からベジミートの缶詰をいただいてきました。

大豆たんぱくを挽肉状にしたものです。

我が家ではこうした類のものを買わないので、何にしようーーーと思いましたが、ミートソース風にしてみることにしました。

たまねぎ、セロリのみじんぎりを炒めます。

夏に自分で作ったトマトソースが11月になくなってからは、トマトの缶詰は買うのを控えようと思っていたのですが、さすがにこれは外せない、ということで久しぶりに缶詰を買いました。

月桂樹とともにしばらく煮込み、塩、ブラックペッパー、オレガノ、ナツメグ、バジルなどで味・風味づけ。

少しケチャップは入れましたが、それらしくなりました。

 

写真はありませんが、ほかにジャガイモ、たまねぎ、セロリのポタージュ風とかぼちゃ・もちあわのコロッケ。

ポタージュの味付けは塩だけです。

もちあわは浸水させたあと鍋で炊き、塩を振って蒸してマッシュしたかぼちゃと混ぜました。

衣は水と地粉を混ぜたものとパン粉で、卵はなし。

かぼちゃはこれまた知人からのいただきもので、塩だけで非常においしいものだったので、シンプルな味でとても美味でした。

 

この夕飯で動物性のものというと、ポタージュに使った牛乳。それに主人が振りかけていた粉チーズ。

動物性のものがゼロの食卓というのはなかなか難しいのですが、野菜中心でも十分に楽しめたクリスマスイブの夕飯でした。

 

 


パンプキンシード

きょうも暑い一日となりました。

最近、朝、暑そうとなると、きょうは何を干そうかとわくわくします。

この夏、梅干しを皮きりに、甘くない大根を切って干して切干大根、ゴーヤでお茶、お茶殻を干して消臭に、などとずいぶん太陽さんのお世話になりました。

どうしようもなく残念な感じだった大根も、太陽の甘味でおいしくなるのですから、太陽さんの恵みってすごいな、と思います。

 

きょうはかぼちゃの種を干してみました。

パンプキンシードと言うものが売られているくらいなので、きっと食べられるんだろうと以前から思っていました。

ネットで調べてみると、クックパッドにも「つくれぽ」(つくりましたレポート)が100件を超えている人気レシピもありました。

よく洗って、わたを取り去り、ざるに広げて干します。

かぼちゃを丸ごと一個茹でてしまって食べられない分を冷凍する作業をしたので、種もたくさんでした。

これだけで捨てる部分が格段に減り、かなりテンションが上がります。

暑い一日だったので、夕方までにすっかり乾きました。

触るとしゃらしゃらと心地よい感触。娘も気持ちいいらしく、やたら触っていました。

外側のフィルムのような薄い皮がはがれてきていました。

食感的にたぶんない方がいいだろうと、こちらはざるの上でさらさらやって除去しました。

ここからは揚げたり、油で焼いたりして、塩か砂糖で甘味をつけるようです。

とりあえずオリーブオイルで焼いてみましたが・・・・

うーん、これを食べるのは、私にはちょっと厳しいかなあという歯ごたえ。

はさみで外皮を除去して食べるやり方もあるようですが、そこまでするのもなあと。

しっかり焼いたつもりですが、それが足りないのか、好みじゃないのか、不明です。

結局、ミルにかけて、粉状にしてみました。

これなら、アーモンドプードルのように(か、どうかはわかりませんが)、クッキーやパンに少しずつ混ぜて使えそうです。

どんな具合に使えたか、またUPしたいと思います。

残暑が厳しいとはいえ、秋は深まってきています。

ギンギンギラギラの太陽さんとお別れするのが残念、と思うほど、楽しい「干しもの」です。


具沢山のちらし寿司

谷口純子先生の「おいしいノーミート 四季の恵み弁当」の44ページに「具沢山のちらし寿司弁当」が載っています。

ちらし寿司の具に高野豆腐という発想がなかったので、最初は驚きました。

その後、スーパーの高野豆腐の売り場で見てみると、パッケージのレシピに高野豆腐入りのちらし寿司が紹介されていたり、それ向けに刻んで売ってあるものもあり、よくある使い方だと知りました。

マクロビでよく高野豆腐を刻んでそぼろ風にしたりなんだりというメニューを見かけますが、刻んで使うというのはもとからある食べ方なのですね。

 

というわけで、作ってみました。

今夜は主人が仕事先で夜間に作業をすると言い、夕飯弁当持参です。

ちらし寿司の具はしいたけ、にんじん、上に錦糸卵と青紫蘇が乗っています。

ほかにおかずは、もちきびとかぼちゃのコロッケ、なすのみそ炒め、きゅうりの酢の物、庭で採れたカラーピーマンなど。

もちきびはよくオートミールと一緒にコロッケなどに使われているのを見かける気がしますが、主人がオートミールを好まないので、煮たもちきびと蒸したカボチャ、刻んだ玉ねぎと塩で作りました。

 

きょうは主人も私もあちらこちらへ外出だったので、主人の分はお昼も弁当を用意しておきました。

混ぜごはんのおにぎり、ちくわのいそべ揚げ、きゅうりの酢の物、ラップサンドです。

ラップサンドは「マクロビオティックベースカフェの野菜のお弁当」に載っていました。

クレープ生地はコーンミールと地粉がベースです。

中身はこれまた同書に載っていた、高野豆腐のサルサ。

刻んだ高野豆腐にトマト、タマネギ、金時豆を、昆布や味噌、しょうゆなどで煮るものので、????と思われる方が多いと思いますが、これがオレガノがすごくいい仕事をしておいしいんです。

やはり紹介されていた豆乳+白みそ+レモンのソースをかけていただくと、あっさりしたマヨネーズみたいな感じで、主人がOKサインを出した数少ないマクロビ系メニューでもありました。

主人はクレープ好きなので、これは大丈夫だろうと思っていましたが、「豆が多すぎる」と言って1つは返品されてきました・・・・・。

私はこのラップサンド、かなり気に入っていたんですが、残念なお知らせでした。

 

 


塩の仕事ーカボチャの塩煮

午後、実家へ行っていた主人がカボチャをひとつ下げて帰ってきました。

義父母が市民農園で作ったカボチャでした。

嬉しすぎて、玄関で小躍りどころか、かなり本格的に踊りました。

きょうはカボチャだけ、近くのミニスーパーへ買いに行きたいなあと思っていたからです。

嬉しすぎて、写真も撮らずに、ガンガン調理してしまいました。

作り置きのコロッケの生地を仕上げて小分けしたあとで、思い立って残りを普通に塩で煮ました。

私はしょうゆで甘辛く煮たカボチャに親しんでいましたが、ある方から、塩だけで煮るのがおいしいよ~と教えていただいたからです。塩の量の目安は1%です。(→加筆しました!)

なるほど、余計な調味料が入らない方がすっきりし、ただ引き立てられた甘味だけがくっきりと立ち上ります。

 

義父母は農業とは無縁で、市民農園を借りています。

しかし、もともと器用で凝り性の義父と、植物はみんなよく育って当然、野菜はみんなおいしくできる、と信じて疑わない義母。

二人の作る野菜は、野菜作り2年生とは思えないほどおいしいです。

 

ところで塩は甘味を引き出す、と言います。

以前は、しおっけとあまみが手をつないでいるメルヘンなイメージを勝手に持っていましたが、物質が変化するわけではないですものね。

しょっぱさの方が先に脳に届いて、あとにやってくる甘味の感覚が引き立つということのようです。

引き立て役なんですね。

塩のおかげで、カボチャ本来の甘味が引き立つ。

塩のおかげで、金時豆の煮ものの甘味が引き立つ。

塩の仕事ってすごいなー、人生もそうかも、なーんて思った夕刻でした。


かぼちゃパン&ケーキ

主人がカレンダーとは関係なく、365日同じペースで仕事をしているので、お盆といえど、いつもと変わらぬ我が家です。

冷凍しておいたマッシュかぼちゃを取り出してきて、かぼちゃ入りのパンを焼きました。

強力粉だけのタイプで、卵はなし。牛乳使用で、ホームベーカリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間ほど前に、大きい地物のかぼちゃを買ったのですが、あまりに甘味がありませんでした。

煮物などで食べるのはちょっと厳しいものがあり、かといってケーキやパン、プリンなどにする余裕がなかったので、ひとまず蒸して潰して冷凍しておきました。

ちなみに我が家の冷凍庫に入っているのは、しょうがとスライスしたにんにく、溶けるチーズに、こんぶとかつおぶしのだしがら、冷凍ホタテ、というぐらいです。

イカやサンマがお手頃なときは多めに買って、さばいて、あるいはミンチにして冷凍しておくこともありますが、それも1週間ー10日ほどで使い切ります。

そもそも冷凍庫に入れなければいけないものは、産地が遠いか、旬でないものであることが多いうえ、冷凍しておけると思うと、ついついたくさん買ったり、保存したりしまいがちなので、あまり貯め込まないよう心掛けているところです。

 

ついでにめったに焼かないケーキも焼きました。

クックパッドで、「プリン風」というのを探しました。

ぐるぐると混ぜて焼くだけの簡単なものです。

冷やして食べるとおいしいそうなので、今は冷蔵庫の中です。

本日の子どものおやつです。

私なりにちょっとしたイベントでした。

 


米粉入りかぼちゃだんごのおしるこ

先日、佐渡産の米粉を買いました。

この米粉と近所のスーパーに久しぶりに入った国産のかぼちゃで作ったのが、かぼちゃだんごです。

米粉を100グラム、かぼちゃをマッシュして90グラム強、片栗粉を大匙1杯強、豆腐を60グラムばかり混ぜ、まだぱさついていたので、豆乳を入れて調整しました。塩少々で味をつけています。

熱湯で茹でたら歯ごたえももちもちしておいしかったので、おしるこを作って入れてみました。

この大きさのお団子10個ほどを作りましたが、まだ2倍くらい生地が残っているので、 夜はかぼちゃのほか、根菜類をたっぷり入れた味噌味の汁に入れていただこうと思っています。

きょうも雪が降り続いています。