カテゴリー別アーカイブ: お菓子/パン

信玄サンデー。

出勤だった日曜日、夫が子供を「信玄餅」の桔梗屋さんに見学に連れていってくれました。

でもって、信玄餅を買ってきてくれました。

いつもと違う食べ方をしようってことで、卵なしで豆乳アイスを作りまして。

信玄サンデー。うふ♥

豆乳アイスの豆くささは、バニラエクストラクトも入ってますが、黒蜜効果でかなり抑えられていると思います。信玄餅→きなこ→アイス→黒蜜の繰返しですが、たまにはこんな遊びも

いいもんです。

P_20150512_200545


ココナッツ風味のクッキー

白崎裕子さんのレシピから。夕食後にクッキーを焼きました。

翌日がお休みで少し気持ちに余裕があったためですが、慌ただしい毎日に、こういう「しなくてもよいこと」を取り入れると、気持ちに逆にゆとりができます。

なたね油、全粒粉、くず粉、メープルシロップなどで。

ココナッツパウダーを少し入れています。

IMG_1956ところで、きょうは職場で午後、窓の外の森を鹿が二頭駆けて行くのを見ました。

思わず職場の方々と、おー!と窓の外に釘付けでした。

IMG_1953


誕生日と最近作ったふたつのケーキ。

FullSizeRender I11MG_1933左;八ヶ岳のラズベリーで、クラフティー。

夫に鼻血のようだと言われましたが、気にせずUPしておきます。

これを作ったのは自分の誕生日でした。

出勤日で、子供たちに「おたんじょうびのケーキはぁ?」と聞かれ、「人のためにいつも以上にお役に立つのが誕生日」などと答えましたが、まぁ何か食べたいだろうし、と。

自分のためというより、家族のために作ったケーキです。

白崎裕子さんのレシピで、バターや卵はなし。でもおいしくて、あっという間になくなりました。

誕生日は感謝して、ほかの人を喜ばせる日。いつの間にかそんな感じです。

 

右側はりんごてんこもりヨーグルトフラン、と命名。

白崎さんレシピは、豆乳ヨーグルトを使いますが、入手できないので、普通の八ヶ岳ヨーグルトで。

バターや卵はなしです。

ケーキを焼こうと思って紅玉を買ったものの、なかなか使って料理をすることができないまま、柔らかくなってきた!

まずい!というとき、たとえふかふかになってしまったりんごでもおいしくできます。

 

 


お抹茶でほっこり。

10月は慌ただしく、職場で大きな行事があり、出張中に夫の祖母の葬儀が入り、

さらには夫が救急車で運ばれ(一日で復活・感謝☆)

11月に入ってほっと一息ついてます。

先日、息子がようかんをいただいてきて、「あれと一緒にたべたいからつくってー」と言いました。

__ (3)これ。

やかんのお湯を入れてちゃちゃっと点てたなんちゃってではありますが、息子のおかげで久しぶりのお抹茶をおいしくいただきました。

先日はスーパーで、お抹茶を飲むのに合うから、とまんじゅうを買ってくれという息子。

相変わらず渋い5歳です。


白崎裕子さんのケーキ

休日にオーガニック料理研究家で「白崎茶会」で知られる白崎裕子さんのレシピで、ケーキを焼きました。ノンバター、卵なし。

上に先日つくったあんずジャムを塗ってます。

常温でしばらくもちます。

phot3o仕事が終わって、家に帰るのが18時前。

それから大急ぎで夕飯の支度をしつつ、子供をお風呂に入れ、19時過ぎに夕飯、というのがわが家のパターンです。

子供は託児所でおやつは食べてきますが、ごはんまでに何か食べたいーと言われるので、一口だけねーと言って出すのがこういうおやつ。

私自身も夕飯までに何か一口食べたかったりします。

 

 

 


桃のかき氷

県内の桃畑のそばに住んでいる義妹がたくさんはねものの桃をくれました。

けがをしていたりして傷みも早いから早くたべて、、ということだったので、夏の楽しみ、桃のかき氷をつくりました。

リンゴジュースとちょっとのてんさい糖などと一緒に煮て冷やしておいたのがシロップです。

夕飯のあと、主人がかき氷器で氷をかいてくれて、上にシロップをかけて子供に出してやります。

贅沢な冷たさ。子供の心にうちの味、として思い出に残るといいな、などと思いながらつくります。

photo


いちごサンド

いちごサンド、私はそう好きでなかった記憶がありますが、いちご大好きの子どもたちは好きです。

本当は生クリームに砂糖、ちょっとマヨネーズを隠し味にして作るんでしょうか。

クックパッドでとてもワザありなヘルシーアレンジを見かけたので、それをさらにアレンジして。

水切りヨーグルトとはちみつとココナッツミルクパウダーを生クリーム代わりに使いました。

ココナッツミルクパウダーは少しだけ入れます。

ココナッツミルクは缶やパックに入っていて、開封すると急いで使いたいものですが、パウダーならその点気楽です。ただしpH調整剤などは入っているようですが。

そんなわけで自分で焼いたパンに挟みました。

IMG_7737


お弁当。イングリッシュマフィン。

IMG_7665 IMG_7701 IMG_7712コロッケバーガー弁当は、今年最後の幼稚園のお弁当。パンは前日に焼いておきました~。つたないですが、手作りです。

そしてさらにつたないイングリッシュマフィン。外側にまぶすつぶつぶのコーンミールを買ってきたら、あとはパンを焼く材料でできるようです。

焼きたては至福!

もう一つのお弁当は、幼稚園の預かり制度に子どもをお願いした日のお弁当。夫のお昼も一緒です。


その他いろいろ、バレンタイン。パッタイ。うさぎちゃん。

バレンタインでしたので、近くに住む義父母にチョコレートタルトを届けました。

といっても、お店で買ったキット(チョコ、タルト、アラザンつき)を使った簡単なもの。

料理をつくる、お菓子をつくるという小さくても何かイベントを用意すると、子供たちも張り切ってがんばります。

IMG_7511 IMG_7506IMG_7500新聞でつくったのは、図書館で借りてきた「だるまちゃんとうさぎちゃん」に出てきたうさぎさん。

下は、夫の好きなパッタイもどきを、ライスパスタでつくったものです。


山芋まんじゅう

これも年末の話。

あるお優しい方が、徳地(今は山口市)産の山芋を送って下さいました。

とろろ大好きな私、大変感激です。

とろろでいただいて、お味噌汁にも入れて、お好み焼きにも入れて。

ちょっと違うことがしたくて、すり下ろして上新粉と砂糖と混ぜ、おまんじゅうの生地を作りました。

しばらくおいて、丸めて蒸しただけです。

一部には小豆からあんこを作っていたので、入れました。

適当に作ったんですが、ずいぶん生地がしっかりしたものになりました。

勝手にかるかんまんじゅうをイメージしていましたが、配合のせいでしょうか、それともかるかん粉との違いでしょうか。

かるかん粉も米の粉なので、似たようなものだろうと思っていましたが、こちらはどっしり生地です。

たくさんできたので、冷凍しています。

きょうも娘に出したら、これが大好きな娘は大喜びでした。

IMG_7293