カテゴリー別アーカイブ: エコ

買い物を減らして

今年になって、買い物を減らしています。

小さなスーパーが近いこともあって、子供の散歩がてら週5日くらいのペースで買い物に行っていましたが、3日に1回に変え、最初はあらあら食事のメニューを考えてそれに基づいて買っていました。

その日の体調や気分によって食べるものを考えたいと思っていて、前もってのメニュー決めは、あえてしないできたのですが、ほぼ決めておくことで、たとえ安くても買わないという選択がしやすくなりました。

今はがっちりメニューは決めていませんが、3日間のうち、これかこれかこれ・・・とゆるく決めておき、あとは気分で選びます。

我が家は子供も主人も全員、朝昼夜と一緒に食べるので、これまでは午前中買い物に行って、そこで食材を選んで、帰ってお昼ごはんを作り始め、おなかを空かせた子供が時に大騒ぎ・・ということもありましたが、今は前もって準備できるので、そういうことがなくなりました。

常備しておくものも、むやみに買うのではなく、この買い物のペースに合わせて決まってきました。

 

長いこと、週5-6日ペースで買い物をしていたのは、メーンが魚であることが多いという事情もありました。

我が家でお肉を食べなくなって、メーンは魚であることが多かったのですが、魚は鮮度のよいその日のうちに食べた方がよい場合が多いので、魚を買うために買い物の頻度も増えていたのです。

しかし、豆腐や豆、野菜だけというレパートリーが増えてきて、これでも十分主人が満足しているので、買い物の頻度を減らすことができるようになりました。もっともサンマやいわし、アジなどを買って、梅煮にしたり、アジは南蛮漬けにしたりして、翌日以降にいただくこともあります。

主人はジャガイモさえあれば、ほかは何もいらないという人なので、ジャガイモは常に常備。お安いときには箱で買います。

コロッケを作るときは、一気にジャガイモ12-13個分ほど作り、揚げたあとで冷凍。

コンロのオーブン機能で温めると、衣のぱりっと感が戻ります。

あるときは、オーブンで温めたあと、だし汁と自家製めんつゆで煮たたまねぎと合わせて卵とじ。

あるときは、うどんやそばのトッピング。

残念ながら、栗芋系があまり好きでない子供はコロッケを食べないのですが、かなりのお助けメニューとなっています。

ちなみに油もののついでに天かすを作って、こちらも冷凍しておきます。

麺類だけでなく、お好み焼きの中にも。

揚げ物の回数をまとめられるようになって、油の処理がずいぶん楽になりました。

 

そんなわけで買い物の回数を減らし、当然お財布の引き締めにもなり、ごみの量がまたさらに減りました。

外から何かを加える=買うのではなく、あるもので工夫する、知恵を使うーそうすると、内側からわき上がる喜びがある、そんな実感があります。


ごみ減量

私の住む自治体にはごみ袋は大・中・小の3種類があります。

これまで我が家はしばらく「大」でした。

布おむつを途中でやめて、二人とも紙おむつを使っていた時期です。

もともと主人の事務所のごみもあるので、量もかさも増えてしまっていました。

それが最近は「中」の3分の2くらいの容量ですむようになりました。

可能なものは乾燥して捨てる、かさばるものは小さく切るという(いまさらな)地道な工夫のみです。

お茶殻は水を切って、チラシを乗せたざるの上で一日乾燥。

消臭剤のほか、入浴剤としても使えるそうですが、多くはごみの臭い消しにそのまま入れて捨てます。

水を切っても切ってもあとで少し水分が出てくるストレスから解放されました。

トウモロコシの皮など、あまり臭いがなく、干しておいても虫がそんなにやってこないものは、乾燥させると驚くほどかさが減ります。

そう大変な手間でもないので、こうしてごみ箱へ。

ほかは、めんつゆ、ウスターソースなど手作りできるものはするようになって、容器ごみが減りました。

次はごみ袋「小」を目指したいなーと思っています。

 

 


冷凍保存(トウモロコシ&トマトソース)

今年はもう終わりだと思っていたのですが、近くのスーパーでトウモロコシが安く売られていました。

実の詰まり具合もまずまずの様子だったので、4本買ってきました。

全部茹でて1本はそのまま切って食べます。

1本は息子が前日にリクエストしたとうもろこしごはん。

Eテレの子ども番組でやっていて、茹でて縦にそいだトウモロコシと塩で米を炊き込み、仕上げにバターを混ぜます。

思いがけずみずみずしいトウモロコシだったので、甘味と塩気がちょうどよく感じられました。

バターはなくてもよいかも、と思いました。

 

そして残りの2本は冷凍です。

縦にそいでバラバラにし、水気を拭き取ってから、ビニル袋に入れ、空気を抜かずに(むしろふくらませ気味に)閉じます。

そのまま一度冷凍し、固まってから、もし塊になっていればほぐして容器なりなんなりに移して冷凍します。

以前に教わったやり方ですが、これだとバラバラになってチャーハンなどにも使いやすいです。

 

スーパーの帰りに、待ち望んでいた農家の方がトラックでトマトを売っていました。

残念ながら盛りをすぎてハウス栽培になってしまっていましたが、多めに買って帰り、トマトソースを作りました。

にんにくと塩、ローリエと煮て、ブレンダーで潰すだけのものです。

こちらは瓶で冷凍庫へ。

沸騰したお湯で真空状態を作って常温で保存するやり方でも1年近くもつそうなのですが、勇気がなくてなかなか挑戦できません。

 

だいたい冷凍で、トマトソースもトウモロコシも2か月をめどに食べきるとよいと言われます。

トマト缶やコーン缶は頻繁に買っていましたが、コーンはともかくトマト缶はまずイタリア産。

安くて使い勝手もよいのですが、フードマイレージの観点から使わないことにしようと決めてしばらく買っていません。

コーンの方は国産もあるので買うことはありますが、一回に必要な量がわずかであることも多く、安心な「自分で冷凍」にしてみました。

トマトの方は前出の農家の方は12月までハウス栽培をされているので、どうしても必要な時は買うことができますが、夏だけ食べるものと割り切りたいな、と思っています。

缶詰を買った場合の「缶のごみ」もなく、満足しています。

 

 


レジ袋削減

白鳩会幹部研鑽会参加、そして帰省の長い旅を終えて、新潟へ戻ってきました。

新潟ー東京ー山口ー新潟で、計約2700キロを走りました。

うちのセレナ君に心から感謝です。

 

ところで帰省する度に実感すること。山口ではマイバッグの持参が浸透しています。

両親がいつも利用するスーパーAも、生鮮が中心のBも、レジ袋は有料化されていて、一枚5円です。

5円というお金をどう考えるかは人それぞれで、もしかしたら5円くらいなら別に払ってもよいと考える人もいるかもしれません。

レジ袋の有料化が議論された数年前、有料化するなら、はっきりと消費者に抵抗感のある50円、100円といった値段に設定すべきだという意見もありました。

でもAでもBでも、見ているとほとんどの人がマイバッグを持参しています。

私も以前、このAにマイバッグを忘れて行ったことがあるのですが、なんとなく「えーマイバッグ持ってこないのー」的な空気が、店内に醸し出されるのです。

それは店員さんが責めるような言動をするということではもちろんありません。

ただ、持ってくるのが当然という雰囲気があるのだと思います。

私も今回外出しようとすると、買い物の予定ではなくても、父が「買い物に急きょ寄るかもしれないから」とマイバッグを必ず持たせてくれました。

新潟でももちろん、マイバッグの持参によって現金で割引をしてもらえたり、スタンプをためると割引になるカードの発行をしている店舗もありますが、私の行くミニスーパーではマイバッグがまだ珍しいような状況です。

山口県では2009年に事業者と行政、消費者団体が自主協定を結び、市町村のすべてが参加したという点では、全国でもかなり先進的な事例となりました。

一方で山口である全国チェーンのコンビニエンスストアに寄ると、特にレジ袋削減への配慮はされていない様子でした。

業界がある程度、足並みをそろえて取り組んでいくことが必要なのかな、と思います。

ごみの減量化、生産・焼却の過程で発生するCO2の削減という意味で、進められてきたレジ袋の有料化。

さらに定着し、生活の中でマイバッグ持参が当たり前になっていけばーと思います。

 


水の使用量が減りました

我が家はエコキュートで、水の使用量が毎日わかります。

先ほど、夫がメーターの表示されるディスプレイを見て「真冬より○○リットル(恥ずかしくて書けません)も違うぞ」と言いました。

真冬はあまりに浴室が極寒なので、お風呂に入るまでに、少しだけシャワーを浴槽にそそいで室内を

あたためます。

その上、体を洗う以外に、子どもの体をあたためるために、お湯をついばしゃっとかけてしまうことも

多かったように思います。夫の仕事の都合で続けて入ることができないこともあるのですが、

冷めにくくなってきたので追い炊きの必要もなくなってきました。

 

以前より、食器を洗うとき、水の使用量を減らすように、意識するようになったということもあります。

野菜のゆで汁などをそのまま流さず、食器洗いに使うようになった・・・などという些細なこと、

しかもかなりいまさらなことではありますが、その積み重ねで大きく違ってきたようです。

毎日決まった時間に体重を測って記録するだけのダイエットがあるように、

メーターで使用量がわかるというのも、節水のモチベーションに大きく影響しますね。

電気の使用量が把握できるスマートメーターの導入が、関西電力を中心に進んでいますが、

これは確かに省エネ意識の向上につながるだろうと思いました。

 


普段着レシピを目指して

ノーミート料理をいろいろ試行錯誤する中で、好奇心から大豆ハムや大豆ミートを使ってみたこともあります。

当時は自然食品のお店が近くにはなく、通販で大豆ハムを買いました。

大豆ミートは都市部の自然食品のお店で見かけて買いました。

これらは主人に評判が今ひとつでした。

主人いわく、「ここまでして肉に似せたものを食べなくても、野菜を食べればいいよ!」とのこと。

・・・さすが明快。

加えて、フードマイレージも高そうなので、それ以来、買っていません。

 

ノーミート料理をいろいろ試行錯誤している中で、海外のベジタリアンの方の料理を

参考にしたこともあります。特にインドの方のレシピは参考になりました。

でも、こうしたものは、スパイスをたくさん必要としたり、材料が必ずしもそろわないことがあります。

こういうメニューは時々の個人的なお楽しみにすることにして、できるだけ簡単に手に入る材料で、

一度読めば頭に入るようなレシピをつくるーというのがここしばらくの目標です。

肉食が環境に及ぼす影響に配慮して、食卓を見直す動きが広まってほしい、と常々思いますが

「世界平和」や「自然環境」というキーワードが、最初からピンとこない方も中にはおられます。

また自分の料理のスタイルがあまりに確立されていて、それを見直していく柔軟さが持てない、という場合もあります。

そういう場合は、難しい理屈はとりあえず後回しで、お肉は極力やめた方がよくって、それで

これこれこんな料理を作ってみよう!おいしいよ!簡単だよ!というお勧めの仕方があるように思うのです。

おいしくて簡単なら浸透していくはずですから。

そういう場合に、自然食品のお店や通販でないと買えない材料ではやはり難しく、いつものお店で

買ういつもの材料である必要があると思うのです。

というわけで、鋭意、「普段着レシピ」を作成中です。


義父の買ってきたおもちゃ

義父は子供たちによくおもちゃを買って、主人の実家で遊ばせてくれます。

昨日買ってくれていたのがこれ。

鍵盤つきで音楽がなるおもちゃです。

ずいぶんレトロだと思ったら、リサイクルショップで買ってきたそう。

 

義父は飾らない人で、「中古だから数百円だったよ」とにこにこしていました。

新品で箱に入っているおもちゃのプレゼントもありがたいですが、どこかのお宅で大事にされていたおもちゃに

こうして命を吹き込むことができたような気がして、とてもうれしく思いました。

それに見えにくいですが、動物の顔もすごくレトロで、それがなんだかとてもかわいいのです。

息子も娘もとても気に入ったプレゼントでした。


牛歩ですが、エコ生活へ

中学生だったか、高校生だったか、はっきり記憶していませんが、あるとき、実家の台所の洗剤が白い粉に変わったことがありました。

私の父は、今のように世の中で環境問題に関心が高まるずっと以前から、その方面の意識が高く、台所の洗剤も「環境にやさしいものにする」と宣言したのです。ついでに付け加えると、水を出しっぱなしにして洗ったりするとえらく叱られました。台所で皿洗いをするときは、つけおきして、いったんたわしできれいにしてから、水を無駄にしないようにすすぐ、と何度も言われたものです。

 

で、その白い粉が重曹だったのか、何だったのか、はっきり記憶していませんが、とにかく汚れが落ちにくい。

皿洗いの当番が回ってきて、料理が油ものだったりすると、イライラしたのをよく覚えています。

 

今は父のやろうとしたことの意義、意味がよくわかります。

とはいえ、いわゆる「エコ」なこと。今も私は家庭生活に取り入れるのが遅れている方です。

なぜなら、環境関係というのは、いろんな利害がからんで、何が本当なのかわからないというところがあるように思え、一般によいといわれていることも、本当か?なぜか?と疑問に思うことが多く、なかなか実行に移せないでいました。

 

これではいけない、今年は行動を、と、いまさらなことですが、まず台所の洗剤は極力重曹を使うようにシフトしました。

実家での教訓から(あくまで私の場合ですが)、急激に洗剤を撤去するとストレスの原因になりそうなので、当面こちらも置いてあります。

 

ところで、重曹がなぜいいのか。

 

重曹にもいろいろなグレードがあり、工業用、食品用などがありますが、食品添加物として使えるぐらい安全であるということ(と、言われています。いろいろあたってみると、混ぜ物がある重曹もあるようですが)。

余談ですが、恥ずかしながら私はさまざまなグレードがあるのを知らず、ずっと以前、食品用でないおそうじ専門の重曹を買って、これをわらびのあくぬきに使っていいものか悩んだことがありました(´∀`)

また重曹には水質汚染を引き起こすBOD,CODの値がない(wikipedexia )ということ。

主にはこのふたつでしょうか。

 

ところで、スーパーの棚に、国産とモンゴル産の重曹がありました。

国産は食塩を電気分解して苛性ソーダを作り、それに二酸化炭素をくっつけて作るということです。

モンゴル産はトロナ鉱石を精製しているということ。

ここで、いったい、どっちがいいのか、悩みます。

天然という言葉の響きはいいけれど、CO2排出という視点からいくと、遠くから運ばれてくるものより、国内産の方がいいのか。人工的に作るというけど、どんな食塩を電気分解するんだろう、それにかかるエネルギーはどれくらいなんだろう。世界の重曹の約3割は天然由来のようですが、トロナ鉱石の可採埋蔵量ってどれくらいなのだろう。などなど。疑問が次々湧いてきます。

考えすぎ?

 

そんな折、重曹の使い方を指南する本を調べ、「手作り洗剤レシピ 重曹 酢 石けん」(岩尾明子著、NHK出版)という本を買いました。この本では、たとえお掃除専門でも、食品用の重曹を使うことを勧めています。

 

そんなわけで、種々の疑問に立ち止まってばかりですが、今年は自分なりのエコ生活を進めていきたいと思います。

検証の上、いつか、「本当に地球にやさしいエコ生活」という文章をまとめることが目標です。


環境配慮型イベントへー雑煮合戦

新潟県新発田市で行われた「城下町しばた全国雑煮合戦」に初めて行きました。

全国各地の雑煮が出店され、来場者の投票によって一位を決めるイベントです。

都合や事情もありますが、このイベントに今まで私の足が向きにくかったのは、会場の近くに大規模な駐車場がなく、離れた場所からシャトルバスで移動する方式だったことが一因でした。

最近になって、それは渋滞緩和だけでなく、CO2削減を意識したものであることを知り、認識不足を恥ずかしく思いました。

 

今回は41店舗が出店。郷土色のある雑煮のほか、カレー味、チョコ味など多種多様でした。

手植えの親子体験イベントを開き、収穫した米を地元の工場に加工してもらって作ったお餅を使っているといいます。

私たちは、地元新発田のお店が作った鯛だしのお雑煮=写真=、佐渡産の寒ブリのお雑煮、オムレツの入った洋風雑煮を食べてみました。

いずれもとてもおいしかったです。

 

このイベントは環境配慮型を目指しています。容器は使用後、内側のフィルムをはがして、会場内の「リサイクルステーション」に持っていって分別することになっていて、90%以上リサイクルされ、ごみ発生量は30分の1になるということでした。

運用上の課題はあると感じられましたが、とてもたくさんの人を呼べるこうした楽しいイベントが環境配慮型を目指していることを、とても心強く思いました。

 

 


うちエコ診断

きょうは自宅のCO2排出状況を知り、CO2削減に向けてアドバイスを受けることができる「うちエコ診断」をしてもらいました。

環境省が進める事業で、新潟の場合は、県環境保全事業団(県地球温暖化防止活動推進センター)が窓口です。

先週、この件についてのリリースを見かけ、9月から新潟県で100世帯を募集、ということだったので、もう締め切られているかも、と思いながら問い合わせてみると、まだ空きがありました。

 

事前に光熱費やシャワーの利用時間、毎月のガソリンの使用量などの生活スタイルについてのかなり詳細なアンケートに答えます。

センターの人が来てくれて、この回答をもとに、パソコンの診断ソフトを利用して分析し、無料でアドバイスをしてくれます。

 

我が家の場合は、主人の会社の事務所と同じ建物なのでやむをえないところはありますが、電気代は新潟県の標準世帯の2倍でした~。

CO2排出量は、新潟県の標準世帯の1・1倍。

新潟県で100世帯あったとした場合、60位ということです。

 

電気代こそ高いのですが、私も主人も徒歩が中心の生活なのでガソリンの使用量は標準よりかなり低く、テレビの視聴時間は短く、ポットや炊飯器の保温機能は使わないなど小さな積み重ねは評価されたようです。

効果的な対策はやはり暖房で、なんとか設定温度を下げられるように、家族で工夫したいと思いました。設定温度を下げると、我が家の光熱費にも多大に影響することが示されました。

ほかにリビングに薪・ペレットストーブを設置した場合、太陽光発電を導入した場合、エコドライブに心掛けた場合、など15項目について、費用面とCO2排出の面からどれくらいの増減になるか、初期投資を回収するのに何年かかるか、など示したペーパーをいただきました。

 

家庭での省エネは漠然と呼びかけても取り組みにくいということで始まった制度のようです。確かに現状を把握し、目標を具体的に設定することで、モチベーションが上がるのは何の世界でも同じことです。目に見えないCO2の量を試算であっても、こうして示してもらうことで、地球環境に対する負荷をリアルに感じ取れるように思います。

たとえば暖房器具を選ぶときに家電の販売員などコスト面でアドバイスをする人はいくらでもいますが、環境面への負荷について誰もが心を配り、また気軽に尋ねる場があるような、そんな世の中になっていったらと、そんなことを思いました。

 

また地球温暖化防止ネットが発行している、節CO2のために「家庭ですぐ出来る21日の取り組み」というパンフレットをいただきました。

炊飯ジャーの保温をやめたり、圧力なべを使用して調理時間を短くするなど、実行しているものがほとんどでしたが、お風呂のシャワーの節水シャワーヘッドの取り付けは考えてみたいと思いました。シャワーは極力使わないようにしていますが、冬は子供を入れる前に浴室を温める関係で、使わざるをえないところがあります。

うちエコ診断は環境省の進める事業です。各自治体で行われているようなので、ご興味のある方はぜひ調べてみてくださいませ。