整理収納のこと

片づけをするのが好きです。

子供が小さいのでまとまって時間を取ってやることはあまりできませんが、家事のついでに一か所、二か所と片づけています。

整理収納アドバイザーという民間資格があることを知り、取得しようかとも思ったことがありましたが、片づけというのは結局、いかにものを持たないか、ということに尽きるところがあって、小手先の分類法をアドバイスするのでは根本的に解決しないのでやめました。もっともそこまでアドバイスするのがその資格のお仕事なのかもしれませんが、必要なものだけを持つというのは生き方なので、ほかの方にお伝えするのはとても難しいですね。

きょうは台所を少し片づけました。

シンクの下に入れている重曹やクエン酸、酸素系漂白剤といったたぐいのものを、整理しました。

これらは買ってきたパッケージのまま置いていましたが、見た目がごちゃつき、袋の中から移動させるときにこぼれたりするので、100円ショップで買ってきた透明な容器に移し替え、テプラで名称を貼りました。

ついでに、ごみ袋を入れている棚を見直し。こちらもパッケージに入れたまま、取り出し口から引き出して使っていたのですが、一枚だけ取り出せずに少し手間取っていました。全部取り出して一枚ずつにばらし、もてあまし気味だった書類トレーに分類して、こちらもテプラで「大」「中」とラべリング。

さらにコンロの下の収納を見直しました。

床に近い引き出しと、その上にお鍋などが入る大きなスライド式の収納があります。

上の方にお鍋、下の引き出しにざるを入れていたのですが、ざるというのは私の場合、毎日必ず、場合によっては毎食の準備に使うもの。

その度にかがむのが、小さいとはいえ、手間と感じていました。

登場機会の少ないお鍋を一番下の引き出しに移し、ざるやボウルを上へ。

さらにこれまた100円ショップで買ってきたプラスチックケースに、お鍋のふたを立てて収納。

おかげでざるが加わっても十分スペースを確保できました。

重曹を容器に移し替えるときにちょっとこぼれるとか、ごみ袋が一枚ずつ引っ張り出せないとか、ざるを出すたびにかがむというのは、実に小さな、ストレスというのもはばかられるような手間ですが、こういう漠然と感じているストレスを、収納や整理の変更によって解決して、動作をスムーズにするのがとても好きです。

 

ものを機能的に配置するということは、そのいのちを生かし切るということにつながると、私は思っています。

また家事の動作に無駄がなくなると、使う道具や材料との一体感が高まる気がする、というとオーバーでしょうか。

そんなわけで、きょうはとても晴れやかな気分でやすみます。

 


整理収納のこと」への2件のフィードバック

  1. 凄い!!凄い!!
    素晴らしい~~~☆MIZUKIちゃん♡
    私も、この間、台所を整理しました♪
    <<片づけというのは結局、いかにものを持たないか、ということに尽きるところがあって、小手先の分類法をアドバイスするのでは根本的に解決しないのでやめました。>> ←ここ、特に共感!!
    ドラマにもなりました「坂の上の雲」は、司馬遼太郎が明治という時代に立ち向かった四国松山の出身の秋山好古・真之兄弟と正岡子規たちの青春群像を書いていますが、その中で好古が兄弟二人暮らしなのに、食器はお茶碗一つ。兄が食事をすませ、その茶碗でお酒を飲み、終わってからその茶碗で弟が食事 これは極端ですが、無駄な物を持たず、常に身辺を簡潔にという教えのようです。そうありたいです!!

    1. keiko先生 返信遅くなりました。食器を二人で一つ。うーん、素晴らしいです!
      持たないって大事ですね~。
      少し前に、本がありましたね~。少し足りないくらいで気持ちよく暮らす、みたいな感じのテーマで。
      足りないものは手づくりしたり、あるものでまかなうっていう本で、共感を得ていた気がします。
      子どもが成長したりして生活が変わると、必要なものが変わることはよくありますが、できるだけ捨てないでいいものを持ちたいと思っています。シンプルに~!美しく~!ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です