普通の和食に

きょうの夕飯はおから、かぶの葉と筍の煮物、味噌汁、主人には安かったのでブリのお刺身をつけました。

子供にはそのお刺身を一、二切れ、焼きました。

肉食中心だった我が家で、次第にノーミートにする過程では、いろいろな料理を試しました。

いきなりヘルシー料理は失敗すると思っていたので、カロリーには目をつぶって、揚げ物をする機会も多かったし、見た目で満足する洋風の味付けのものも増やしました。我が家の場合は、完全ノーミートに移行できたのは、この過程があったからだと思っています。

しかし、車麩を揚げて南蛮風の味付けにしたり、ラザニア風にしたりながら、やっぱり車麩はじんわりだしがしみる煮物がおいしいと思う。

高野豆腐も揚げ料理をいろいろ試し(油を吸ってしまってギトギトになってしまうので、あんまりおいしいとは思わなかったですが)カレーマヨ味なんてのもやりましたが、やっぱりこれも煮物がおいしいと思う。

そんなわけで、「普通の和食」が次第に増えてきました。

「野菜がおいしい」と言い始めた主人は、抵抗なく食べています。

やがて食べ盛りを迎える子供たちが、やっぱりこれでは満足がいかない、という時期が来るのかもしれませんが、その時はまた方法を模索しようと思っています。

ちなみに息子はおからが大好き、娘は葉物野菜ならなんでも大好きです。

粕漬けに続き、ぬか漬けも再開しました。

ぬか漬けは現在、捨て漬け中なので、もう少しぬか床が整ったら、こちらにもUPしようと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です