ハヤシライスもどき

ノーミートになる前、一度だけデミグラスソースを手作りしました。

ものすごい量のひき肉と野菜を使いました。

しかもそのレシピでは、お肉の味を出したあと、ひき肉は食べずに捨てることになっていました。

親しんでいるデミグラスソースのあの甘い味って、お肉の味なんだなあと実感しました。

 

時々、ハヤシライスが食べたくなるので、ノーミートなハヤシライス(風)をいろいろやってみました。

本来はもろに牛肉&玉ねぎで作る料理なので、いろいろ苦心しました。

ベジタリアンの方は、きのこ中心で作ったり、切干大根を混ぜたりされているようです。

私は玉ねぎと人参を炒め、今回はしいたけとしめじを加え、水とスープで煮て、赤ワインを加え、

トマト缶、オイスターソース、中濃ソース、はちみつ、ケチャップ、等々適当に入れて

それらしくします。

でもちょっと味がこなれない感じがするので、卵と一緒にオムハヤシ風でいただきます。

主人も子供たちも喜んで食べていました。カレーもトマトベースで作ることが多いので、息子は

カレーだと思っているようです。

以前、植物素材のみのデミグラスソースの市販品をいただいたことがあるのですが、リンゴやスパイスを

使って、そん色ない仕上がりでした。

いずれはもっと改良していきたいノーミートハヤシです。

ところで、wikipediaを見ていたら、ハヤシライスの名前の起源、諸説でていました。

○作った人がハヤシ(早矢仕)さん説

○牛肉の入ったこんな贅沢な料理を食べたら早死にする「早死」説

○大衆食堂で、船に乗る急ぎの客用に作っていたという「早い」説

こんな物語のある料理って大好きです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です