環境配慮型イベントへー雑煮合戦

新潟県新発田市で行われた「城下町しばた全国雑煮合戦」に初めて行きました。

全国各地の雑煮が出店され、来場者の投票によって一位を決めるイベントです。

都合や事情もありますが、このイベントに今まで私の足が向きにくかったのは、会場の近くに大規模な駐車場がなく、離れた場所からシャトルバスで移動する方式だったことが一因でした。

最近になって、それは渋滞緩和だけでなく、CO2削減を意識したものであることを知り、認識不足を恥ずかしく思いました。

 

今回は41店舗が出店。郷土色のある雑煮のほか、カレー味、チョコ味など多種多様でした。

手植えの親子体験イベントを開き、収穫した米を地元の工場に加工してもらって作ったお餅を使っているといいます。

私たちは、地元新発田のお店が作った鯛だしのお雑煮=写真=、佐渡産の寒ブリのお雑煮、オムレツの入った洋風雑煮を食べてみました。

いずれもとてもおいしかったです。

 

このイベントは環境配慮型を目指しています。容器は使用後、内側のフィルムをはがして、会場内の「リサイクルステーション」に持っていって分別することになっていて、90%以上リサイクルされ、ごみ発生量は30分の1になるということでした。

運用上の課題はあると感じられましたが、とてもたくさんの人を呼べるこうした楽しいイベントが環境配慮型を目指していることを、とても心強く思いました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>