無原罪の聖母。

山梨県立美術館に行って、常設展示にあるミレー「無原罪の聖母」を見てきました。

本当は、文学館が本命だったんです。その話はまた後ほど。

「無原罪の聖母」は、キリスト教で、神の子キリストを生んだマリアもまた、神のはからいによって原罪なしに生まれた、とする教義に基づくもの。「無原罪の御宿り(おんやどり)」とも言われます。

ベラスケスとかエルグレコ、それにムリーリョにも同様のテーマの絵はあって、それぞれ、「あーマリア様ね」って感じの絵なんですけど、ミレーのこの絵は、垢抜けないっていうか、農民的っていうかそういうマリア様。

時の教皇は、この絵を結局は受け取らなかったということみたいなんだけど、イメージと違ったのか?

そもそも、なぜミレーが描いたこのマリアは、こんなにも庶民的?普通の人?なのか。

いろいろ考えてみるのが楽しいって思います。

写真は前庭にきれいに咲いてました。

私の夫というのは、自分は全然文学にも美術にも興味はないのだけど、行ってみたいなーと呟くと、連れていってくれて、自分もそれなりに楽しんでいる。立派な人です。

あ、子供も、文学館では本当に飽き飽きしてたみたいだけど、特に5歳の息子は、この絵はなぜか気に入ったみたいでした。

P_20150506_121846_LL


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>