さだまさし「精霊流し」

きょうは自宅で仕事をしている主人も外出、子供は二人とも幼稚園で、わずかな一人の時間です。

やるべきことはたくさんありますが、久しぶりに小説が読みたくなって、さだまさし「精霊流し」を手に取りました。

さだまさしさんの小説には、徳島の祭りをモチーフにとって映画化もされた「眉山」がありますが、「精霊流し」は自伝的小説といってよいのだと思います。

さださんはシンガーソングライターであると同時に小説も書いていて、その美しい筆致と全体に流れるあたたかな心が、私はとても好きです。この人の小説には、著しい悪人というものが出てこないようにも思います。

(この「精霊流し」には、それでもやりきれない場面が少し出てくることは出てきますが。。。)

 

「精霊流し」の印象的な場面。

主人公の「雅彦」が幼い頃、誕生日に祖母がプレゼントしてくれたのは、たくさんのおにぎりでした。

何でこんな、いつでも食べられるものを、と雅彦は怒って友達と遊びに出かけてしまうのですが、祖母の困った顔を思い出し、お金がなくてプレゼントが準備できず、やむなくたくさんのおにぎりを作ってくれたんだと思い当たります。

急いで家に帰ると、祖母は雅彦が食べなかったおにぎりを茶碗に崩し、お茶漬けにしていたのでした。

持って行く給食費が家になくて、弟と二人学校をさぼったり。

米びつに米があるのをこっそり確かめてから、母親に「おにぎり食べたい」とせがんだり。

貧しい生活の中にあって、ほろ苦い思い出も描かれているのですが、登場人物の優しさに心救われる思いがします。

そして戦後の日本には、こういう暮らしがたくさんあったのだとも思います。

 

「常に明るく前向きだった母は、どんな環境も楽しんでいたふしがある」(P54)

 

「ホラ、貧乏と不幸はイコールじゃないでしょ。金持ちと幸せだってイコールとは限らないし。だから母は苦労したな、と思いますが、不幸せだったとは思わないです」(P78)

「子供の頃の苦労なんて苦労じゃないですよ。あるがままに、為すがままに生きてきただけですから」(同)

大人になった雅彦が語る場面です。

 

最近は必要に迫られて本を読むことばかりだったので、つかの間ですが、気持ちよく本を楽しめました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>