樽が橋遊園と手ごねパン

今日の午前中は胎内市の樽が橋遊園へ行って来ました。

遊園地というにはのんびりしているメリーゴーランド、ゴーカート、バッテリーカーなどがあり、ほかにアルパカや山羊、鹿などの動物がいます。

新潟県には動物園がないのですが、十分楽しめるところでした。

IMG_4999アルパカさん。

意外と大きくてむくむくしてらっしゃいます。

私は初めてお目にかかりました。

えさも買いました。

えさを持っていると、みんな猛ダッシュで集まってきます。

 

朝、子供にも手伝わせてパンを焼き、おにぎりとともに持っていきました。

IMG_4969なぜか私が作るといつも均等でなく、その上おしくらまんじゅうをしているという。。

いつもはホームベーカリーで一次発酵までやってしまって、成型・二次発酵・焼く、ということが多いのですが、今回は久しぶりに手ごね。

茨木くみ子さんの「バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン」(文化出版局)という本に載っていた、バター、油、牛乳を使わないパンです。

この方は保健師さんでもあり、「長く食べ続けても病気にならない」というコンセプトのパンやお菓子のレシピ作りに取り組んでおられる方です。

私は少し前から、バケットなどをパン屋さんで買うことがないわけではありませんが、基本的にパンは自分で作ることにしています。

自分で焼けば余計なものは入りませんが、人気のレシピにはバターをたっぷり使ったものが多く、頻繁に食べるには少々ためらいがあります。

油や豆腐を使ったパンも自分なりにいくつか試しましたが、これだったら、パンを食べる回数を減らしてもおいしいパンを食べた方がいいのではないか、と思う仕上がりでした。

そういう中で、このレシピは、私の思う最低限のおいしさを十分クリアしているものです。

私はパン向きの強力粉をスーパーで買っていますが、もっとこだわった粉を使えば、もっとこのレシピの良さが引き出されるのかもしれません。

 

日本人なので、もっともっと米を食べたいと思っていますし、私自身は主食が米100%の食事でも全く問題はありませんが、子供は特に時々パンを食べたがります。できるだけ体によいものを探していきたいと思っています。

 

こね時間は10分ほどでそう大変でもなく、子供も挑戦しました。

息子の手は生地でどろどろになってしまい、あたたかい手でずっと触っていると生地がだれてくるということも体験で分かったようです。

私も久しぶりに叩いたりこねたり、楽しさを味わいました。


樽が橋遊園と手ごねパン」への2件のフィードバック

  1. パン 美味しいそうですね!
    いつも考えて さすがです、偉い!!!

    私も、いつかいつか と思いながら、まだパンまでいきません・・・
    でも、こうして観てるだけで満足 笑

    1. keikoさん ありがとうございます。
      パンはなんちゃってです(笑)
      できるところから少しずつ、材料を吟味していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>