マロニエの森の会

今年も「マロニエの森の会」から行事の案内はがきが届きました。

私の父が携わっている山口市に拠点のあるグループで、植林などの森づくりや、自然に親しむイベントなどを行っています。

会の合い言葉は「自分の水と空気は自分で作ろう」。

最近は近くにある山口県立大学の学生も「地域共生演習」という形で活動に関わっています。

長期間かけて森を作っていくことの大切さを、学生や子供たちを巻き込んで伝えていく狙いです。

毎年夏にキャンプを行っていて、今年は7月27、28日。

残念ながら都合が合わずに帰省できませんでしたが、昨年の内容はというと。

最初は子供たちが腰にのこぎりを下げてトーチ用の木を探し、切って持ち帰る。

切ってはいけない木があることを知ることも学びの一つだそうです。

お楽しみは沢登り。

そしてペール缶の上に板を渡し、竹を並べ、ござを引いて蚊帳を天井から吊った竹ベッドも自分で調えます。

以上はマロニエ森の会の会報に記されていた内容ですが、本当に楽しそう!

山口市近辺にお住まいの方、ご興味ありましたら、ぜひリンク先をご覧ください。

 

私が今住んでいる新潟の町はほどよい田舎ですが、それでも自宅があるのは街中で、自然の中にどっぷり浸る機会というのはそう多くありません。都会の子のような言動も子供にはちらほら。もっと自然に親しむ機会を作っていきたいと常々思っています。北欧発祥の森の幼稚園は実は新潟にもあるのですが、残念ながら通える距離ではありませんでした。

そんなことを思っていたら、最近、「五頭(ごず)自然学校」という拠点が阿賀野市にできました。

何か楽しいことがたくさんできそうな予感がしています。

こうした場所に機会を探しながら、まず自分自身が自然に親しみ、自然を理解しようとし、その上で自然とともに生きる生き方を人に伝えていきたいと思っています。

 


マロニエの森の会」への6件のフィードバック

  1. 合掌ありがとうございます。
     マロニエの森の会は聞いた事有ります。
     お父様が事務局されて居られるのですね。
     リンクしてみました。我が町のホームページが有り
     ツイツイ時間を過ごしてしまいました。
     機会が有れば行って見たいとは思いますが・・・
     色々情報ありがとうございます。再拝

    1. YSさん ありがとうございます。
      YSさんのご専門の分野ですものね!
      お力を貸していただけることがありましたら、ぜひ私からもよろしくお願い致します!

  2. 合掌ありがとうございます。
     専門なんてお恥ずかしいです。
     お父様にもふりかけのお礼がてらお目にかかれる機会が
     有れば光栄です。  再拝

    1. YSさん
      きっと機会がありますね!
      どうぞ両親ともよろしくお願い致します。
      ありがとうございます。

keiko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>