白鳩会全国幹部研鑽会へ

4月27日は生長の家の白鳩会全国幹部研鑽会のため、東京へ行って来ました。

今回は子供二人を連れて新幹線。

息子がずっと小さいころは、なんやかやと新幹線に乗せたことはありますが、久しぶりです。

1時間45分の新幹線は飽きるし、電車は混んでいて立っていることも多いし、人は多いし。。。

ですが、いつも車中心で移動している中で、子供も公というものをおぼろげにでも掴む機会になったのではないかと思います。

娘は物置からベビーカーを出して、移動の際に使いました。

最近はどこでもエレベーターが行き届いていますが、それでも周囲を見渡しても階段しかないというシチュエーションはあり、ベビーカーを畳んで担いだり、短い階段は寝ている娘を乗せたまま持ち上げました。

同じようにされているお母さんも見かけましたが、車いすで移動されている方も、きっとご不自由な思いをされることがあるのだろうと、そんなことを思いました。

それにしてもさっと手伝ってくださる人、荷物を持って下さる人、息子の手を引いて下さる人。。。

ほかにもドアを押さえて下さる人、子供たちに声をかけてくださる人、実に数え切れない深切に触れました。

息子がその度に「いま、〇〇してくれたね」と言っていました。

子供たちの心にも、都会で受けた数え切れない深切は刻まれたことと思います。

会場では親子室といって、子供連れで聴講できる部屋で、モニターを通じて講話などを聞くのですが、おもちゃもあり、同じくらいの子供さんもいて、息子も娘もとても楽しそうでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>