陽光差し来る日

朝から息子が右目が痛くて涙が出るというので、眼科へ行きました。

小児科以外は初☆

いつもは病院を断固拒否する息子が、率先して行こうと言っていたので、違和感があったのだと思います。

絵本がふんだんにそろっていて、予約がきく小児科と違い、感染予防のため雑誌や新聞もなく、大人も気を紛らわせるのは一台のテレビのみ。

しかもいつもやたら混んでいて、待ち時間が長い・・・

どうなることかと思いましたが、計2時間、二人ともよく待ちました(私も!)。

途中、息子にはスマホで地図を見せて遊ばせたりもしましたが、娘はなにやらおなかを出したり、膝を出したりして、一人で遊んでいました。

隣に座った年輩の女性に話しかけられました。

「子供っていつになってもかわいいよねえ。わたしもやっぱり自分の子供がかわいくて、小さいころのまま〇〇ちゃんと呼んでしまう」と女性。

「そうでしょうね、お子さんおいくつですか?」と聞くと

「還暦さ」というお答え。60代のお子様がいるようには見えない、お若いおばさま☆窓から差し込むあたたかい太陽の光に、にこにこしておいででした。

 

女医さんだったせいか、息子は無抵抗で診察を受け、アレルギー性結膜炎とのこと。

お昼を過ぎて帰ってきて、ごはんを食べて、あっという間に寝てしまいました。

 

午後はお昼寝終了後に、近所の理容院へ。二人とも髪を切ってもらいました。

終わって、理容院でお茶菓子に用意されているはずのおせんべいをたくさん袋に入れてもらって、てくてくと歩いて帰ってきました。

あたたかくなって、道ゆく人たちの顔も、心なしか弾んで見えます。


陽光差し来る日」への4件のフィードバック

  1. 二人とも えらいねぇ~~☆
    二時間もまったの!!すごいっ!!

    ほのぼのとした、あったか~~い記事 また癒されました。
    ありがとうございます (。・_・。 ))(( 。・_・。)

    1. keikoさん

      ありがとうございます。
      2時間は
      私が待つのがつらかったです~(笑)
      こういう、ひとつひとつがみんな喜びですね☆

  2. 合掌ありがとうございます。
      2時間も素晴らしいーーー  又昔を思い出し顔が赤くなりました。
      MIZUKIさんのジョイで私も生活してたのだ〜 って
      素敵なジョイありがとうございます。 再拝
      

    1. YSさん
      いつもありがとうございます。
      最後は子供たちもだっら~と私に寄りかかっていました。
      私もさすがに長く感じました!!
      健康一番ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>