べえべえ☆

先日、胎内市(たいない・し)でお店に立ち寄った際、壁に張られていたフリーペーパーか何かの広報らしきものに、「べえべえ」の作り方が出ていました。

胎内市は日本で最初に米粉専用の製粉工場ができたところで、米粉のPRに力を注いでいます。

「べえべえ」は米粉を利用したクレープで、いろいろな飲食店で、バリエーションのあるメニューを展開しています。

雲南省の「ばーばー」をヒントにしたということ。

 

レシピが載っていたので、暗記して帰ってきて、きょう、作りました。

最初に米粉10グラム、水100グラム、塩3グラム、砂糖2グラムを混ぜて火にかけとろみをつけます。

もったりしてきたら、火をとめて、しばらく置く。→もっちりとなります。

米粉100グラムと水120グラムを入れてよく混ぜる。

これで生地は出来上がり。

あとはクレープと同じようにフライパンで焼きます。

 

卵不使用であるうえに、簡単です。

ただし、きれいに焼けなかったので、写真の掲載は見送りました~。

私が立ち寄ったお店では、べえべえにむしえびやマグロときゅうりが包まれ、ジェノベーゼソースをかけていました。

どちらかというと、おかず系のものを巻くのが合うようで、ツナサラダ、ごぼうサラダ、キムチ系もいいかもしれません。

しかし我が家にはそれらしいものが何もなかったので~、あんずジャムをつけました。

おいしいいただきもののお手製ジャムでしたが、べえべえだけの方がおいしいかも!

果たして厚めに焼いて何もつけずに食べた方がシンプルで、もちもちしておいしかったです。

 

包むって、温かい響きがある言葉であり、行為ですね。

何を巻くのがいいか、考えるのが楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>