信玄サンデー。

出勤だった日曜日、夫が子供を「信玄餅」の桔梗屋さんに見学に連れていってくれました。

でもって、信玄餅を買ってきてくれました。

いつもと違う食べ方をしようってことで、卵なしで豆乳アイスを作りまして。

信玄サンデー。うふ♥

豆乳アイスの豆くささは、バニラエクストラクトも入ってますが、黒蜜効果でかなり抑えられていると思います。信玄餅→きなこ→アイス→黒蜜の繰返しですが、たまにはこんな遊びも

いいもんです。

P_20150512_200545


子育ての日々。

4歳と5歳の子供は、当初、職場の託児所にお願いしていましたが、今春から地元の保育園へ。

夫は自宅で仕事をしていて、いれば迎えに行ってくれますが、月の4分の1-3分の1近くは出張しているので、その間は私が仕事のあとに迎えに行きます。

職場のバスで帰宅して、-夫は機材などを持って車で出張に行くので-カーシェアリングで車を借りて迎えに行きます。

保育園は都会はそうではないのかもしれませんが、延長保育で最後まで残るお子さんはとても少なく、暗くなりかけた園舎に残っているのを見ると、ちょっと申し訳なく思います。

それでも。子供に声をかけてくださる方、残れないときに仕事のフォローをしてくださる方、職場で予定のバスに間に合うように終礼の時間に配慮してくださる方。

いろいろな人に助けられてある子育ての日々です。

助けていただけばいただくほど、うーんと恩返ししよう、と思います。

ところで、最初に職場の託児所にバスで一緒に通っていたせいか、わが家の子供は自家用車に乗り降りするときも「よろしくおねがいしまーす」「ありがとうございましたー」とごあいさつ。

これも毎回楽しく聞いています。

写真は職場の近くの私の好きな場所。

木漏れ日って世界で最も美しいものの一つ、と思います。

P_20150511_095630


山崎方代の足跡。

今日まで仕事がお休みで、子供は保育園。

かねてより行きたかった、歌人・山崎方代(やまざき・ほうだい)の生家跡へ行きました。

昨日、文学館に行って、常設展にある資料に張り付き、夜、酔っ払って方代短歌について力説してたら夫が連れて行ってくれました。ええ人や。

方代さんは、大正3年生まれ。出征して右目を失明し、終戦後は靴の修理をしつつ各地を放浪。

私にも分かり易い口語短歌、ということもあるかもしれませんが、この人の歌が好きで。

甲府南から精進湖へ向かう道の途中に、ぐっと登り切ったあたりが故郷の旧右左口村(うばぐち・むら)。現甲府市です。

◇死ぬほどのかなしいこともほがらかに二日一夜で忘れてしまう 方代

この明るさが好きですが、「二日一夜」には戦争体験を読むべきのようです。

文学と明るさ、暗さについてはまた別の機会に書こうと思うのですが、方代さんの歌は必ずしも明るいわけじゃなく、湛えた暗さがある。

しかし、ふざけてどうでもよいことを詠っているようで、とても詩のリズムが美しい。

計算なのか、天性なのか。

そんなわけでよい日でした。

P_20150507_123402_LL P_20150507_124518_LL


無原罪の聖母。

山梨県立美術館に行って、常設展示にあるミレー「無原罪の聖母」を見てきました。

本当は、文学館が本命だったんです。その話はまた後ほど。

「無原罪の聖母」は、キリスト教で、神の子キリストを生んだマリアもまた、神のはからいによって原罪なしに生まれた、とする教義に基づくもの。「無原罪の御宿り(おんやどり)」とも言われます。

ベラスケスとかエルグレコ、それにムリーリョにも同様のテーマの絵はあって、それぞれ、「あーマリア様ね」って感じの絵なんですけど、ミレーのこの絵は、垢抜けないっていうか、農民的っていうかそういうマリア様。

時の教皇は、この絵を結局は受け取らなかったということみたいなんだけど、イメージと違ったのか?

そもそも、なぜミレーが描いたこのマリアは、こんなにも庶民的?普通の人?なのか。

いろいろ考えてみるのが楽しいって思います。

写真は前庭にきれいに咲いてました。

私の夫というのは、自分は全然文学にも美術にも興味はないのだけど、行ってみたいなーと呟くと、連れていってくれて、自分もそれなりに楽しんでいる。立派な人です。

あ、子供も、文学館では本当に飽き飽きしてたみたいだけど、特に5歳の息子は、この絵はなぜか気に入ったみたいでした。

P_20150506_121846_LL


英語。自転車。

ちょっとしたいきさつでわが家にやってきた自転車(新品)。

P_20150505_132801_LL

娘も帰省した折に義父に自転車を買ってもらったので、一緒に練習しています。

そして、尊敬する人にやり方をsuggestしてもらってやってなかった英語の勉強を始め、室内を大掃除。

そんな連休の一日です。


あなたが幸せなら、私は春に包まれる

実相楽団の新曲。

「あなたが幸せなら、私は春に包まれる」

昨年10月。結婚する若い友人のために作ったお祝いの曲。

詞を式2日前に渡したのに、出張に行く駅のホームで曲をつけてくださった

讃嘆楽団さん。いつもありがとうーーー。(そして遅くてごめんなさい--)

「めでたい」をテーマに、ポスティングジョイのメンバーが提供してくださった写真を

動画制作の天才、けんじらいおんくんが編集してくださいました。

 

こちらが楽譜↓

http://music.geocities.jp/suntannedband/songs/harunigakufu.pdf

動画↓

 

遠い昔から知っているようなあなた

きょうはおめでとう

そしてありがとう

あなたが幸せなら

わたしは春に包まれる

世界に満ちるやさしさを数えて

いまを生きよう

 

これからも愛の真ん中にいるあなた

きょうはおめでとう

そしてありがとう

あなたが幸せなら

世界は祝福をうたう

宇宙に満ちる奇跡を数えて

あなたと生きよう

 

この祝福があなたと

あなたの愛するすべてに

届きますように


四柱神社

中央線・篠ノ井線で1時間超。松本へ行って来ました。

駅から徒歩10分余り。四柱(よはしら)神社へ参拝しました。

松本城に近い、まちなかの神社です。結婚式も行われていました。

ここのご祭神は天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、高御産巣日神(タカミムスビノカミ)、神産巣日神(カミムスビノカミ)、そして天照大神。前者3神は、いわゆる「造化の三神」です。

天之御中主神は、天地開闢のときに最初に現れた神。高御産巣日神、神産巣日神はそれに続いた神々。

この二神に含まれる「産巣日」(むすび)という言葉は、神社の説明書きによれば、「実をむすぶ、苔がむす等と同様、生産し、果実し、調和させる御力を示します」とのこと。

 

<「一見分かれているように見えるものが本来一つである」というのが実相の自覚であり、これを最も顕著に体現しているのが自然界の「ムスビ」の営みであるわけです。>(「宗教はなぜ都会を離れるか?」P304)

今の季節なら、柿が実り、そこへ鳥がついばみにやってくる。

花が咲けば、蜂がやってきて、受粉が行われ、実がなる。

花も蜂も、鳥も柿も、一見、分かれているように見えるけれども、本当はひとつである。

政治、国家、人間と自然、人間と人間。

人間はつい分割して物事をとらえ、時にそこに対立関係をみますが、本当はすべてが一体で調和しているのが、本当のすがたである。

そして一見、分かれているように見えるものが結びあわされるとき、新たな価値が創造される。

 

うまいこと書けないのですが、大いなる力の前に、帰り道、「あたりまえ」に映る風景が、妙にしみじみと感じられました。

P_20141130_104329 P_20141130_105152 P_20141130_142426


重箱方式。

出勤する日曜日は、子供は託児所はお休みにしています。

夫は家で仕事をしているので、子供の相手というわけにはいきませんが、

きょうだいや近所のお子さんたちと遊び、お昼には私のおいていったお弁当を食べるという感じ。

思いついて先日は重箱に入れてみました。

IMG_2003ちょっとしたことですが、子供たちには、お正月みたい!!と大好評でした。

煮卵。

車麩の揚げ焼き。レタスたっぷりポテトサラダ。かきのもとのからしあえ。

こんにゃく煮物。いただきもののかまぼことかきとみかん。

ほうれんそうのごまあえ、ブロッコリーのチーズ焼き。などです。